三条 美智留

三条 美智留

アタックNo.1(漫画)の登場人物。読みは「さんじょう みちる」。

登場作品
アタックNo.1(漫画)
正式名称
三条 美智留
ふりがな
さんじょう みちる
関連商品
Amazon 楽天

概要

全日本ジュニアで始めて鮎原こずえ早川みどりの前に現れた。横浜二中。深夜に10キロはあるバーベルを持ち上げる特訓を繰り返し、ジャンプ力が弱いと指摘されるや2メートルはある枝に実った柿の実を取るべくジャンプを繰り返す。こずえとはレギュラーとキャプテンの座をかけて争うが、自分がチームに信頼されていないことと、チームの不和の責任をとってしごきを一人で受けるこずえの姿を見て和解。

叩き上げの会社経営者の父親と、できがいい弟を見返すために無理をしてきたと告白した。こずえより豊かな髪を後ろでヒモでしばっている。

関連人物・キャラクター

こずえ

腸が弱く、リンパ腺が腫れる病気で、東京の両親の元から叔父、叔母のいる静岡県富士見市富士見が浜にある富士見学園に転校してきた(当時中学2年生)。後日、両親も富士見が浜に越してきている。転校当初はスポーツ... 関連ページ:こずえ

登場作品

アタックNo.1

東京から静岡県の富士見学園に転校してきた鮎原こずえは、バレー部員に絡まれたことから、バレー部と不良グループをバレーの試合で勝負させることになり、その結果、不良たちを勝たせてしまう。こずえは東京で名門の... 関連ページ:アタックNo.1

SHARE
EC
Amazon
logo