二瓶 鉄造

二瓶 鉄造

ゴールデンカムイ(漫画)の登場人物。読みは「にへい てつぞう」。

登場作品
ゴールデンカムイ(漫画)
正式名称
二瓶 鉄造
ふりがな
にへい てつぞう
関連商品
Amazon 楽天

概要

中年の猟師の男性。獲物を1撃で仕留めるという信念のもと、単発装填の村田銃を愛用しており、その腕前で屠(ほふ)った熊の数は200頭以上。毛皮商人たちからは畏怖の念をこめて「冬眠中のヒグマもうなされる悪夢の熊撃ち」と呼ばれていた。口癖は「勃起」。妻と15人の子供がいるが、絶縁している。網走監獄に収容されていた、体中にアイヌ民族の金塊の在処を示す刺青(通称、刺青人皮)を持つ24人の死刑囚の1人。自分の獲物を横取りしようとした毛皮泥棒の行動に憤慨し、彼らを皆殺しにした罪で服役していた。その後、金塊を探す屯田兵に移送されていた途中、兵士を皆殺しにして死刑囚達と脱獄に成功。その後は金塊には興味を見せず、山で死ぬことを目的に山中で暮らしていた。怪我を負っていた第七師団谷垣源次郎を助け、彼から聞いた絶滅寸前のエゾオオカミのレタラの情報に猟師の本能を疼かせ、狩猟に乗り出す。最後にはレタラと一騎打ちとなり、片腕を犠牲にレタラを仕留める寸前まで追い詰めたが、突然現れたもう1匹のエゾオオカミ襲われ、猟師であることに満足したまま、この世を去った。愛用の村田銃は日露戦争に従軍した息子の形見で、銃床に刻んである7本の傷は息子が敵を撃つたびに刻んでいたもの。

登場作品

ゴールデンカムイ

舞台は明治時代後期の北海道。日露戦争に従軍して「不死身の杉元」と謳われた兵士、杉元佐一が、戦友であった寅次の妻、梅子を救う大金を得るため、死刑囚たちが隠したという莫大な埋蔵金を追って、大自然に生きるア... 関連ページ:ゴールデンカムイ

SHARE
EC
Amazon
logo