働きマン

働きマン

主人公松方弘子28歳が働く週刊『JIDAI』編集部。そこで働く人々は、年齢も嗜好もそれぞれ違っているが、雑誌を作るために心血を注いでいる。彼女を軸として、様々な人の仕事に対する姿勢と生き方を描いた漫画。

正式名称
働きマン
作者
ジャンル
編集者
レーベル
モーニングKC(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

週刊『JIDAI』編集者の松方弘子は28歳。仕事に全力投球し、恋に悩む忙しい毎日を送っている。そんな彼女の野望は30歳までに雑誌の編集長になることだが、そこに至るまでの道のりはまだはっきりと見えていない。がむしゃらに仕事をし、様々な人と関わることで松方弘子の日常は少しずつ動いていく。また、周囲の人々も彼女に影響を受け少しずつ変わっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

週刊『JIDAI』の編集者。28歳の元巨乳。勝気かつ生真面目で、時に強い言葉を相手に放ってしまい後悔することがある。その反面、恋人の山城新二に対して言いたいことを呑みこんでしまう弱さも持つ。締切が迫る... 関連ページ:松方 弘子

週刊『JIDAI』の新人編集者。22歳。松方弘子の後輩で、そつが無い仕事をする。仕事よりも私生活を重視するタイプで、周囲をいらつかせることも。本当はファッション雑誌を志望している。週刊『JIDAI』の... 関連ページ:田中 邦夫

週刊『JIDAI』のデスク。39歳で独身。一見優しく人当たりも良いが、時に厳しいことも言う。松方弘子の能力は買っているが、暴走しがちな所を心配もしている。編集部の良きまとめ役。人呼んで「生き方上手」。... 関連ページ:成田 君男

週刊『JIDAI』の編集者。23歳。松方弘子の後輩で、田中邦夫の先輩。丸顔で少しぽっちゃりした女子。仕事は一生懸命だが、一人前にはまだ遠い。小説家の夏目美芳の大ファンで自ら仕事を取ってきたが、経験が浅... 関連ページ:渚 マユ

週刊『JIDAI』編集長。45歳。一見適当そうに見える中年のおじさんだが、過去にスクープをいくつも取った凄腕であり、記事を見る目は確か。部下を度々飲みに誘うが、よく断られる。名前の由来は俳優の梅宮辰夫... 関連ページ:梅宮 龍彦

松方弘子の大学時代からの恋人。28歳。建設会社で作業監督をしていたが、営業に異動になる。どこか仕事に対してあきらめを感じており、雑誌作りに頑張る松方弘子の姿にコンプレックスを抱いてしまう。様々なすれ違... 関連ページ:山城 新二

週刊『JIDAI』の編集者。松方弘子の先輩で、しっとりとした魔性の美女。32歳。浮世離れしており、編集部では唯一叱られない存在。男性メインではあるが周囲から憧れられている。文芸担当で、作家の原稿をきっ... 関連ページ:梶 舞子

週刊『JIDAI』の編集者。26歳。松方弘子の一つ下で、お姫様的存在。スポーツ担当。少しふくよかで、女性らしいコンサバな服を着ており、完全に男受けを念頭に置いた外見をしている。芯はしっかりしていて、「... 関連ページ:野川 由実

週刊『JIDAI』の編集者。32歳。張り込み担当で、松方弘子が新人の頃張り込みを嫌がったことを根に持っている。強面だが、空と雲の写真を撮ることが趣味という繊細な一面も持つ。週刊『少年ブレイブ』に異動し... 関連ページ:菅原 文哉

28歳。週刊『JIDAI』の編集者。松方弘子の同期でグルメと風俗担当。重要な情報を多く扱い殺伐としている編集部において、秘密を持たない貴重な人物。冴えない外見だが、仕事は早く性格もいいので愛されている... 関連ページ:小林 明久

週刊『少年ブレイブ』の編集者。グラビア担当。週刊『JIDAI』に異動し、こちらでもグラビア担当になる。アリに似た外見の、テンションの高い人物。松方弘子とはグラビアアイドル堀田めぐみのスキャンダルを巡っ... 関連ページ:西田 和良

恋愛小説家。『適当な恋はもうしない』が大ヒットしたが、その後はそこそこしか売れていなかった。渚マユが彼女のファンだったおかげで、週刊『JIDAI』に連載を持つことになる。新しい連載は松方弘子が担当し、... 関連ページ:夏目 美芳

豪胆社の営業。28歳。松方弘子の同期。昔思いを寄せていた女性が編集した本を売ってヒットに導いたが、彼女に全く感謝されないことがトラウマとなり、クールでフラットな態度を貫いていた。『54』の販売の際、松... 関連ページ:千葉 真

松方弘子が通うマッサージの店のスタッフ。29歳。楚々とした女性で腕が良い。お客のこりの完治と効率性、どちらを重視するかという問題で悩んでいた。今の職場ではじっくり人を癒せないと思い一旦辞職しようとした... 関連ページ:白川 緑子

議員で次期総裁と目されている人物。産廃銀座として有名になってしまった天政村の出身。週刊『JIDAI』にスクープされ、地元の再生を誓うことになる。 関連ページ:丹波 満男

大学時代に丹波満男の選挙の手伝いをし感銘を受け、その後彼の議員秘書となる。真面目な青年。同じ作者の代表作『ハッピーマニア』の、同性同名で容貌がそっくりな登場人物から取られていると思われる。 関連ページ:高橋 修一

場所

週刊『JIDAI』編集部

豪胆社の週刊誌である週刊『JIDAI』の編集部。スクープ記事やスキャンダルを扱うため、部員同士の駆け引きもある。また、脅しやリークなど匿名の電話もかかってくることがあり、緊張感のある職場である。 関連ページ:週刊『JIDAI』編集部

その他キーワード

週刊『JIDAI』

『働きマン』に登場する雑誌。豪胆社の週刊誌。月曜日発売で発行部数60万部。事件のスクープからタレントのスキャンダル、コラムや小説など充実した内容だが、それゆえ政界やアイドルの事務所などからは警戒されて... 関連ページ:週刊『JIDAI』

『54』

『働きマン』に登場する書籍。豪胆社の週刊誌に連載した小説。作家は夏目美芳。冴えない中年サラリーマンの達雄が、韓国人の美少女に恋する切ないラブストーリーで大ヒットした。 関連ページ:『54』

アニメ

働きマン

28歳独身の女性編集者松方弘子は良い雑誌を出すために、寝食を忘れ、恋人を後回しにし、周囲の人とぶつかりながら「働きマン」となって日々奮闘する。 関連ページ:働きマン

SHARE
EC
Amazon
logo