北斗の拳ユリア外伝 慈母の星

北斗の拳ユリア外伝 慈母の星

『北斗の拳』のスピンオフ漫画。南斗最後の将ユリアを主人公にし、核戦争による荒廃以前の世界を舞台に、『北斗の拳』で登場するケンシロウ、シン、ジュウザとの運命の日々が描かれている。原案:原哲夫、原案:武論尊。

正式名称
北斗の拳ユリア外伝 慈母の星
ふりがな
ほくとのけんゆりあがいでん じぼのほし
作画
原案
原案
ジャンル
裏社会・アングラ
レーベル
ビッグコミックススペシャル(小学館)
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

概要・あらすじ

南斗聖拳の頂点に君臨する南斗正統血統の霊力を受け継いだユリアは、未来を予知する能力を持つ。ユリアは周囲から「聖女」として慕われるが、予知能力で見た不幸な未来を変えられないことに苦悩する。そんな中、恋人で北斗神拳の伝承候補者ケンシロウや、南斗孤鷲拳の伝承者シン、幼なじみの拳法使いジュウザとの出会いや運命を変える物語が綴られる。

登場人物・キャラクター

ユリア

中国拳法の1つ南斗聖拳百八派の正統なる血を受け継ぐ聖女として南斗の里で育つ。未来を予知する霊力を持っており、予知した運命を変えられない自分にジレンマを抱いている。ただし、自分自身の未来を見ることはできない。心優しい性格で周囲からも慕われており、北斗神拳の伝承者候補・ケンシロウとは親密な関係にある。 また、南斗聖拳の分派である南斗孤鷲拳伝承者のシンや、幼なじみのジュウザからも求愛されている。シン・ジュウザには「天から託された大きな使命」があることを告げる。核戦争による文明崩壊後には正体を隠しながら南斗最後の将と呼ばれた。

ケンシロウ

一子相伝の暗殺拳法である北斗神拳の継承候補者。主人公のユリアとは恋愛関係にあり、『北斗の拳 ユリア外伝 慈母の星』の中でも行動を共にする姿が描かれている。北斗の寺院に住み、トキやジャギなどの義兄らとともに北斗神拳の修行に励む。未来予知をしながらも運命を変えられないことに悩むユリアに、「強く深き想いで運命は変えられる」と助言する。

シン

中国拳法の1つ南斗聖拳の一派南斗孤鷲拳の達人。正式な伝承者の印可を受けるため、南斗の里を訪ねる途中でユリアと出会う。南斗の聖司教をして「天才」と言わしめるほどの腕前を持つが、性格は傲岸不遜で冷酷。ユリアに心を寄せるが、拒絶されてしまう。南斗の里で出会ったジュウザからはナルシストと評価される。 ユリアからはジュウザとともに「天から託された大きな使命」があることを告げられる。

ジュウザ

南斗聖拳正統血統者ユリアの幼なじみ。自由奔放な性格で、周囲からは「雲のジュウザ」と呼ばれる。南斗の里で南斗孤鷲拳の伝承者シンに絡まれていたユリアを救い、シンを「ヒステリックなナルシスト」と評し、標的を自分自身に向けるよう煽る。「拳法の極意は逃げること」と言いはばからないが、南斗の聖司教から天才と評されるシンと対等の拳法の腕前を見せる。 ユリアからはシンと共に「天から託された大きな使命」があることを告げられる。

サラ

南斗の里に住む少女。南斗正統血統者のユリアの世話係として付き従っている。ユリアと北斗神拳の伝承候補者であるケンシロウとの仲が実ることを祈っている。サラ自身はケンシロウの義兄であるトキを慕っている。ユリアはサラが不治の病で、命が短いことを予知しているが、そのことを隠し行動を共にしている。

サキ

南斗の里に暮らす少女。身寄りがなく、ユリアの屋敷に住み、身の回りの世話をしている。周囲を和ます明るい性格をもち、ピンチの際に機転を利かせる一面も見せる。感情豊かで誕生日にユリアやジュウザからプレゼントを貰い感激で涙したり、窮地から脱したユリアの無事に安堵の涙を見せたりする。

場所

南斗の里 (なんとのさと)

1000派を超える分派を持つ南斗聖拳の総本山的な場所でもある。主人公のユリアや、南斗聖拳の聖司教が暮らし、分派の伝承候補者はこの地で印可を受け正統伝承者として認められる。南斗の寺院や、城、仏教を彷彿させる像なども点在している。

北斗の寺院 (ほくとのじいん)

北斗神拳の修行の地。伝承候補者の「ケンシロウ」「ラオウ」「トキ」「ジャギ」らが暮らしている。南斗の里にある南斗の寺院と交流があり、サキの父親の死を予知したユリアは、サキを連れこの寺院へ向かった。

その他キーワード

南斗聖拳 (なんとせいけん)

『北斗の拳 ユリア外伝 慈母の星』に登場する拳法。中国拳法の1つで、北斗神拳と対をなす拳法。南斗の里を総本山に掲げ、1000を超える分派を持つ。手技を中心とした拳法で、手刀による斬撃や打突による外部からの破壊を真髄としている。各流派の伝承候補者は聖司教により印可を受け正統伝承者となる。射手座の一部・南斗六星を象徴としている。

南斗孤鷲拳 (なんとこしゅうけん)

『北斗の拳 ユリア外伝 慈母の星』の拳法。南斗聖拳の流派の中でトップに位置する南斗六聖拳の1つ。象徴である南斗六星の星のうち殉星を宿星としている。『北斗の拳 ユリア外伝 慈母の星』では正統伝承者としてシンが印可を受ける姿が描かれている。南斗施鷲斬をはじめ数々の絶技がある。

SHARE
EC
Amazon
logo