右近左乃介

右近左乃介

歌舞伎界の名門である音村屋の長男、音村左乃助は父の死後、名跡を継ぐ予定だったが、突然現れた腹違いの弟の桐生右近と熾烈な跡目争いを繰り広げることになった。原作は村尾幸三、作画は山本康人。

正式名称
右近左乃介
漫画
原作
ジャンル
歌舞伎
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公の音村左乃助は、歌舞伎界の名門、音村屋の長男。父の死後、音村屋の名跡寿三郎を継ぐことは確実と言われていたが、そこへ腹違いの弟の桐生右近が現れ、寿三郎の名跡は自分のものだと言い出した。寿三郎の座を巡り、兄弟二人の骨肉の争いが始まる。

登場人物・キャラクター

主人公

歌舞伎界の名門、音村屋の嫡子で、通称「歌舞伎界のプリンス」。父の死後、その名跡である音村寿三郎を継承することになっていたが、腹違いの弟の桐生右近が現れたことにより、骨肉の跡目争いに巻き込まれていく。傲... 関連ページ:音村 左乃介

主人公

音村寿三郎と時枝の間の隠し子で、音村左乃介とは異母兄弟にあたる。寿三郎の死後、左乃介のもとに現れ、音村屋の跡目を巡って争い始める。性格は残忍で狡猾。目的のためなら手段を選ばない。歌舞伎については天性の... 関連ページ:桐生 右近

音村左乃介の付き人。左乃介が幼い頃から息子のようにかわいがり、公私にわたって世話をしてきた。桐生右近の非凡な才能を見抜き、彼との戦いに燃える左乃介を心配している。 関連ページ:若治

音村左乃介、桐生右近の父で、故人。歌舞伎の名門、音村屋の第十四代目で、嫡子の左乃介よりも隠し子の右近に歌舞伎の才能を見出し、遺言状に右近に音村屋を継がせる旨をしたためていた。 関連ページ:音村 寿三郎

全俳優協会歌舞伎会の会長。芸事について非常に厳しい審美眼を持っており、\"褒めずの菊衛門\"と呼ばれている。桐生右近に非凡な才能を見出し、彼に稽古をつけている。 関連ページ:志乃川 菊衛門

音村寿三郎の後妻。非常に強欲な性格で、寿三郎の死後に音村左乃介によって家を追い出されたが、左乃介と右近の跡目争いが始まるや再び現れ、音村屋の財産を目当てに右近に取り入ろうとする。 関連ページ:志乃

歌舞伎の勧進元、株式会社梅竹の会長で、歌舞伎界に絶大な影響力を持っている。人間同士の醜い争いが大好きで、音村屋兄弟の跡目争いに注目する。桐生右近の母、時枝を情婦として連れている。 関連ページ:大戸 梅次郎

桐生右近の母。右近を偏愛しており、彼に音村屋の名跡を継がせるため暗躍する。歌舞伎界に絶大な影響力を持つ大戸梅次郎の情婦。 関連ページ:時枝

一介の芸能レポーターだったが、音村左乃介を取材するうちに彼と惹かれ合い、恋人同士となる。抱かれた相手に幸運をもたらす\"あげまん\"であり、彼女と交際を始めてから左乃介にツキが訪れ出した。 関連ページ:絵島 アヤ

その他キーワード

音村屋

『右近左乃介』に登場する歌舞伎屋号。音村左乃介が率いる歌舞伎の名門で、その名跡「寿三郎」を継ぐ者は歌舞伎そのものを継承するとも言われる。 関連ページ:音村屋

SHARE
EC
Amazon
logo