吉弘 充行

吉弘 充行

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「よしひろ みつゆき」。

登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
吉弘 充行
ふりがな
よしひろ みつゆき
関連商品
Amazon 楽天

概要

四代目廣島連合幹部、「癇癪玉(クラッカー)」総長。中学生のころ原真清に敗れ、真清の目の悪さを付いた戦法で襲うが失敗。それを責めなかったの真清の度量の大きさに触れ、罪悪感に苛まれるようになった。廣島連合と陴威窠斗の抗争では、ケンエーを倒すが、金田勝一に刺され戦線離脱。

その後鎖国島へと渡り、東側の一員となる。釣りが得意で、島では食料調達係として活躍している。

登場作品

女神の鬼

舞台は80年代の広島県。主人公ギッチョを中心に、それぞれ「王様」を目指す不良少年たちの抗争を描いたヤンキーバイオレンス漫画。前半は広島の暴走族を巻き込んだ抗争、後半では「鬼」と呼ばれる更正不可能な不良... 関連ページ:女神の鬼

SHARE
EC
Amazon
logo