宮本 明

宮本 明

彼岸島 最後の47日間(漫画)の主人公。読みは「みやもと あきら」。

登場作品
彼岸島 最後の47日間(漫画)
正式名称
宮本 明
ふりがな
みやもと あきら
関連商品
Amazon 楽天

概要

彼岸島を支配する吸血鬼たちの首領、の打倒に執念を燃やす青年。行方不明の兄を追って、幼馴染の友人らとともに彼岸島へとやってきたことで、吸血鬼との戦いに巻き込まれる。当初はごく平凡な青年であったが、吸血鬼たちとの死闘を通じて、次第に一流の戦士へと成長。

吸血鬼と戦う人間軍の中心的存在となり、兄や多くの友人の命を奪った吸血鬼の殲滅を心に誓う。また、人間軍のリーダーであった師匠が死亡したあとは、その遺志を継いでリーダーに就任した。抜群の反射神経と桁外れのスタミナ、さらに驚異的な集中力を持った人物で、その強さは並の吸血鬼では相手にならない。

日本刀の扱いに長けており、その実力はも一目置いている。性格は仲間思いで誠実だが、一方でたとえ親しい友人であろうと、吸血鬼に感染した者は例外なく斬り殺すという、強靭な精神力も持つ。彼岸島において、を倒せる可能性を秘めた唯一の人物であり、その存在は人間軍の大きな心の支えとなっている。

登場作品

彼岸島 最後の47日間

吸血鬼の首領である雅は、吸血鬼ウィルスを持つ蚊を日本全土に撒き散らし、日本人の絶滅を目論んでいた。これを知った宮本明たち人間軍は、その計画を阻止すべく彼岸島に3つある蚊の育成所の破壊を実行する。雅が予... 関連ページ:彼岸島 最後の47日間

SHARE
EC
Amazon
logo