尾崎 敏夫

屍鬼(漫画)の主人公。読みは「おざき としお」。

  • 尾崎 敏夫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
屍鬼(漫画)
正式名称
尾崎 敏夫
ふりがな
おざき としお

総合スレッド

尾崎 敏夫(屍鬼)の総合スレッド
2016.07.27 13:23

概要

外場村で唯一の病院の若き当主。寺の若御院と呼ばれる室井静信とは幼なじみ。ぶっきらぼうだが医師としての責任感が強く、腕も確かなために村人からの信頼も厚い。ヘビースモーカー。病人達が次々に死んでいくことに違和感を覚え、いち早く屍鬼の存在を認識する。その後は村を護るために、屍鬼となった妻・尾崎恭子を非人道的な実験台にしたり、村人達を駆り立てたりと屍鬼に対して強硬な姿勢を取っていく。

登場作品

199X年、猛暑が続く夏。山に囲まれた人口、わずか1300人の外場村で、奇妙な死体が見つかる。それから村では怪事件が頻発することに。引っ越してきたばかりの高校生結城夏野、村にたった一つの診療所を経営す...