• 屍鬼 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 屍鬼

屍鬼

屍鬼

屍鬼(漫画)に登場する用語。読みは「しき」。

登場作品
屍鬼(漫画)
正式名称
屍鬼
ふりがな
しき
関連商品
Amazon 楽天

概要

死亡後に蘇生した人間のこと。外場村の伝承にならって「起き上がり」、もしくは室井静信の小説からとって屍鬼と呼ばれる。主に村人からは「起き上がり」、屍鬼たちからは屍鬼と呼ばれることが多い。基本的な食料は人間の血であり、吸血した人間に暗示をかけることが出来る、超人的な回復能力を持つ、日光や宗教的なものに弱い、招待を受けないと他人の家に入れないなど、伝承の吸血鬼と共通の部分が数多く存在する。

登場作品

屍鬼

199X年、猛暑が続く夏。山に囲まれた人口、わずか1300人の外場村で、奇妙な死体が見つかる。それから村では怪事件が頻発することに。引っ越してきたばかりの高校生結城夏野、村にたった一つの診療所を経営す... 関連ページ:屍鬼

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
屍鬼
logo