岸辺露伴 ルーヴルへ行く

岸辺露伴 ルーヴルへ行く

ルーヴル美術館の「BD(バンドデシネ)プロジェクト」の一環として描かれた作品。2009年1月に同美術館の開催した企画展「小さなデッサン展 ─漫画の世界でルーヴルを─」の会場で原画が展示され、作者の荒木飛呂彦は、日本人で初のルーヴル美術館に作品が展示された漫画家となった。作品は全123ページがフルカラーで描かれている。岸辺露伴の初出は『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』であり、本作は彼を主人公としたスピンオフ作品のひとつ。

正式名称
岸辺露伴 ルーヴルへ行く
作者
ジャンル
漫画家
関連商品
Amazon 楽天

概要

まだ漫画家としてデビュー前だった岸辺露伴は、祖母の持つアパートに滞在中、入居者である藤倉奈々瀬と出会う。その彼女が突然姿を消して10年、漫画家として成功した露伴は、あるきっかけで彼女が口にしていた「この世で最も黒い絵」のことを思い出す。そして、その作品が収蔵されているというルーヴル美術館を訪れるが、絵画に触れた人間が次々に怪死を遂げてしまう。

登場人物・キャラクター

岸辺 露伴

人気漫画家。本作の冒頭では、まだデビュー前の学生時代が描かれている。スタンドと呼ばれる超能力を持ち、対象となる人間や生物を「本」にして記憶や体験を読むことができる。ただし、相手が死人の場合は「死」の文字で埋め尽くされ、内容を読むことができない。好奇心が強く、非常にプライドが高い。

藤倉 奈々瀬

岸辺露伴の初恋の相手。祖母の経営するアパートの入居者。既婚者だが、離婚する前提で入居している。岸辺露伴の描く漫画に興味を示し、それがきっかけで幼少の頃に見た「この世で最も黒い絵」の話を岸辺露伴に伝える。しかし、謎の行動の後にぷっつりと姿をくらませてしまう。

300年ほど前に、「この世で最も黒い絵」を描いたとされる絵描き。樹齢千年以上の大木の幹の中から発見したあるものを顔料にして、輝くような漆黒の絵を描く。しかし木を切り倒したことが法令に触れ、殿様の怒りを... 関連ページ:山村 仁左衛門

祖母

岸辺露伴の母方の祖母。作中に名前は登場しない。かつては夫とともに杜王町で旅館を経営していたが、彼の死去をきっかけに廃業し、建物を賃貸アパートとしている。しかし異様なまでに厳しい入居条件を出していたため、入居者はほとんどいなかった。岸辺露伴がルーヴル美術館を訪れた前年に死去している。

場所

ルーヴル美術館

『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』の舞台となる美術館。作中では、実在のルーヴル美術館には存在しないZ-13倉庫に、「この世で最も黒い絵」と呼ばれる「月下」が保管されている。

その他キーワード

月下

『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』に登場する絵画。山村仁左衛門が描いた、「この世で最も黒い絵」と呼ばれる呪われた作品。黒い地色に白で藤倉奈々瀬に似た和服姿の女性が描かれている。ルーヴル美術館のキュレーターに... 関連ページ:月下

SHARE
EC
Amazon
logo