弁太

弁太

火の鳥 乱世編(漫画)の登場人物。読みは「べんた」。別称、飯森 弁太 山妹。

登場作品
火の鳥 乱世編(漫画)
正式名称
弁太
ふりがな
べんた
別称
飯森 弁太 山妹
関連商品
Amazon 楽天

概要

京都の北、飯盛山の茶飲み峠に住むマタギ。ひょうきんな顔で力持ち。薪とイノシシの皮を売りに山を降りてくる。都で拾った櫛がもとで家を焼かれ、親心され、恋人のおぶうをさらわれる。おぶうを探して五条の橋を通る役人を襲い刀を奪っていた。明雲はそれをもとに武蔵坊弁慶の物語を書いている。

源義経と出会い、その子分となり、後に奥州平泉で出会ったヒノエを妻にした。

関連人物・キャラクター

源義経

牛若丸は幼名。弁太をつれて奥州平泉の藤原秀衡のもとへ身を寄せ、平清盛の死後、京へ上り、木曽義仲を討ち、さらに一ノ谷、壇ノ浦で勝利し平家を滅ぼす。歴史上の実在の人物、源義経がモデル。 関連ページ:源義経

おぶう

弁太の幼なじみで将来を約束した娘。都にあこがれる。弁太にもらった櫛がもとで家を焼かれ親を殺され、京の都へさらわれる。美貌ゆえに、平宗盛の女房、葦に拾われ、その姪として吹の方と名付けられて衣房付の典(す... 関連ページ:おぶう

ヒノエ

奥州平泉で弁太が嫁にした女。男と寝ると物を盗みたくなるという盗癖がある。 関連ページ:ヒノエ

登場作品

火の鳥 乱世編

マタギとして暮らしていた弁太は、平家に不満を持つ貴族たちのクーデターに巻き込まれ、家を焼かれ親を殺され、恋人のおぶうを連れ去られる。おぶうを追って山を降りた弁太は源義経と出会い、おぶうへの思いを断ち切... 関連ページ:火の鳥 乱世編

SHARE
EC
Amazon
logo