影道一族

影道一族

リングにかけろ(漫画)に登場する組織。読みは「しゃどういちぞく」。

登場作品
リングにかけろ(漫画)
正式名称
影道一族
ふりがな
しゃどういちぞく
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本におけるボクシングの開祖「日本拳闘倶楽部道場」よりも25年も前に開設された「メリケン練習所」を源流とするボクシング流派。この流派に属する戦士をシャドウ・ボクサーといい、全員全身傷だらけで、黒いユニフォームを着ているのが特徴。「武士の刃を二つの拳にかえた真剣勝負」をモットーとし、相手を死に追いやるまで戦い続ける、邪道の拳闘術である。

60年もの間、ボクシング界から無視され続け、闇に葬られていた存在だったが、日米決戦終了後、突如表舞台に姿を現す。そして日の当たる世界へ飛び出すという影道一族の悲願達成のため、日本代表の座をかけて日本Jr.チームに戦いを挑む。

登場作品

リングにかけろ

山口県の貧しい家庭に生まれ育った高嶺竜児は、ボクシングセンスに恵まれた姉菊をトレーナーに、日々のトレーニングに励んでいた。それは亡き父のボクシング世界チャンピオンになるという夢を実現させ、苦労をしてい... 関連ページ:リングにかけろ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
リングにかけろ
logo