月下

月下

岸辺露伴 ルーヴルへ行く(漫画)に登場する絵画。読みは「げっか」。

登場作品
岸辺露伴 ルーヴルへ行く(漫画)
正式名称
月下
ふりがな
げっか
関連商品
Amazon 楽天

概要

山村仁左衛門が描いた、「この世で最も黒い絵」と呼ばれる呪われた作品。黒い地色に白で藤倉奈々瀬に似た和服姿の女性が描かれている。ルーヴル美術館のキュレーターによって買い上げられ、同美術館のZ-13倉庫に保管されているが、あたかも処刑された山村仁左衛門の怨念のごとく、絵に近付く者を死に至らしめる。

登場作品

岸辺露伴 ルーヴルへ行く

まだ漫画家としてデビュー前だった岸辺露伴は、祖母の持つアパートに滞在中、入居者である藤倉奈々瀬と出会う。その彼女が突然姿を消して10年、漫画家として成功した露伴は、あるきっかけで彼女が口にしていた「こ... 関連ページ:岸辺露伴 ルーヴルへ行く

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo