杉村 真

激濤 Magnitude 7.7(漫画)の主人公。読みは「すぎむら まこと」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
激濤 Magnitude 7.7(漫画)
正式名称
杉村 真
ふりがな
すぎむら まこと

総合スレッド

杉村 真(激濤 Magnitude 7.7)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

概要

眼鏡をかけた青年。初登場時26歳。東京で暮らしていたが、父の病気をきっかけに郷里の秋田に戻る。その際、付き合っていた冴子と別れていた。男鹿半島に磯釣りに出かけた際、日本海中部地震によって発生した津波に巻き込まれる。九死に一生を得るが、その後津波が残した爪痕を見て回るうちに、釣り人としてあまりに津波に無知だったことを痛感。

その後所属する釣友会の仲間達に釣り人の視点からこの津波の調査をすること提案。結成された追跡調査特別委員会の一員として被害者を訪ね、自然の脅威と翻弄される人々の記録を重ねる。

登場作品

1983年5月26日。父の病気で東京から秋田に戻った杉村真は、男鹿半島に磯釣りに出かけた。昼食を取ろうとした瞬間、大きな地震が発生した。そのまま岩場に留まった彼は、巨大な津波に呑みこまれてしまう。マグ...