村田 正三

男樹(漫画)の登場人物。読みは「むらた しょうぞう」。別称、山崎 正三。村田京介とは親族関係にある。

  • 村田 正三
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
男樹(漫画)
正式名称
村田 正三
ふりがな
むらた しょうぞう
別称
山崎 正三

総合スレッド

村田 正三(男樹)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

村田京介の父親。金沢を本拠とする村田組四代目組長。元の名は山崎正三で村田組の一組員であった。20歳の頃、まだ高校生だった神江志津子を襲って妊娠させるが、京介の出産を機にカタギになることを誓う。カタギになる条件として、敵対する組長を襲って重傷を負わせ、5年間刑務所に服役する。

出所後、村田組組長の命で娘婿となることを強要され、やむなく村田組四代目組長を襲名。その後、志津子を内縁の妻とし生活の面倒を見た。敵対するヤクザ組織の襲撃で交通事故にあった事がきっかけで京介と再会するが、ふたりが顔を合わせたのはこれが最後となった。その後、四国連合会伊達組伊達宗太郎七代目組長襲名披露に出向いた先で、村田組幹部の裏切りにより暗殺された。

登場人物・キャラクター

村田組五代目組長。北陸連合初代会長。金沢の極道・村田組4代目組長村田正三の私生児として生まれる。左目の下に傷のある風貌。中学、高校と番を張り、硬派として鳴らすが、高校三年の時、後に妻となる新藤久美子と...

登場作品

北陸の名門ヤクザ村田組組長の私生児として生まれた村田京介。彼の母親志津子は日本電力界の大物・神江龍太郎のひとり娘で、京介の出生には秘密があった。硬派な高校生に成長した京介だったが、喧嘩が原因で少年院に...