東 紳彌

東 紳彌

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「あずま しんや」。

登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
東 紳彌
ふりがな
あずま しんや
関連商品
Amazon 楽天

概要

四代目廣島連合副総長。「アッアッアッ」という笑い方が特徴。中学生のころ、五島がトップを取ると見込み廣島連合入り。五島の下に付きながら、チャンスをうかがっていた。そのことをケンエーには打ち明けており、共に「てっぺんの景色」を見ようと陴威窠斗入りを促した。吉弘充行中尾鷹彦の策で廣島連合と陴威窠斗が衝突した際は、五島内海鄭司の共倒れを狙うが失敗。

その後、松尾永一鎖国島の候補者選びを手伝い、島入り。西側の一員となる。

登場作品

女神の鬼

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(... 関連ページ:女神の鬼

SHARE
EC
Amazon
logo