海が走るエンドロール

65歳を過ぎて夫と死別し、数十年ぶりに映画館を訪れた茅野うみ子は、そこで出会った美大生・濱内海から言われた一言で、自分が映画を撮りたい側の人間であるということに気づかされる。65歳にして美術大学に新入学した女性が、映画制作という創作の海を目標に向かって四苦八苦しながらひた走る姿を描く、シルバーガールのシーサイド・シネマパラダイス。秋田書店「月刊ミステリーボニータ」2020年11月号から掲載の作品。宝島社「このマンガがすごい! 2022」オンナ編1位、「マンガ大賞2022」で9位を獲得している。

正式名称
海が走るエンドロール
ふりがな
うみがはしるえんどろーる
作者
ジャンル
職人・芸術家
 
ヒューマンドラマ
レーベル
ボニータ・コミックス(秋田書店)
巻数
既刊3巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

出会い

茅野うみ子は65歳で夫と死別し、49日を過ぎて一人暮らしの退屈さにも慣れてきた頃、なりゆきで数十年ぶりに映画館に足を運ぶ。年齢にそぐわないハードなジャンルの映画を観ながら、うみ子は若い頃、夫と映画を観に来た時のことを思い出す。うみ子は以前から、映画館に来ると映画よりも映画を観ている人の方が気になるタイプで、この日も映画の内容よりもつい後方の席の客に目を向けてしまい、座っていた濱内海と目が合ってしまう。上映が終わって映画館を出ようとした時、うみ子は海から客席を見ていたことを指摘されてしまう。動揺するうみ子だったが、海は自分も同じタイプだから気持ちがわかると言い、客席に目が行ってしまうことに賛同し、自分が美大で映画を学ぶ学生であることを明かす。うみ子は海に興味が湧き、帰ろうとする海を引き止め、自宅の壊れたビデオデッキを直してほしいと少々強引に海を自宅へ誘う。無事直ったビデオデッキで、うみ子が『老人と海』を観始めると、海も興味を示し、結局最後までいっしょに観ることとなる。実はうみ子はそれまで海を女の子だと思い込んでいたが、帰り際、ここで初めて互いの自己紹介をしたことで、海が男の子であることに気づき、その中性的な風貌に驚く。そしてうみ子は、海に映画を作りたい側の人間なのではないかと問われる。どんなに面白い映画を観ていても、気になるのは客席であり、自分が作った映画がこんな風に観られたらと考えるだけでゾクゾクすると語った海の言葉に、うみ子は衝撃を受け、まるで強い波に足が持って行かれそうになるような不思議な感覚に陥る。そして今からでも死ぬ気で映画を作った方がいいという海の言葉に、うみ子の穏やかだったはずの日常が揺らぎ始める。その後、うみ子は海の忘れ物を届けるために美術大学を訪れ、海の作品を目にすることになる。そして、それがうみ子の映画への情熱に火をつけ、うみ子の娘のあと押しも手伝って、うみ子は65歳にして美術大学への入学を決意し、映画製作について学ぶことになる。

修行

茅野うみ子は、昔親友を傷つけたことを後悔しているという濱内海の心の傷を知ることになり、自虐的だった自分の言動が、海を傷つけていることに気づいて反省する。その後、海を海岸へと連れ出したうみ子は、海と出会った日のことを語り始め、互いが映画を撮りたいという強い気持ちでつながっていることを実感する。そして、うみ子は海で映画を撮ることを決意し、同時に海は、うみ子で映画を撮りたい衝動にかられていた。そんな中、うみ子は大学の課題だった作品が散々な評価を受け、経験不足と言われたことで、うみ子は自らの遅過ぎたスタートを悔やむ。もともと65歳で新入生となったうみ子は、最初からみんなに「おばあちゃん」と言われる存在だった。しかし、最近は映像実習で同じ班になった学生たちからは名前で呼ばれるようになり、中でも山口稿とは本音で語り合えるほど信頼関係を築いていた。実はうみ子は、山口がひそかに海に思いを寄せていることを知っているが、山口はかたくなにそれを認めようとしなかった。そんなある日、うみ子は山口が酒に酔った勢いで海に告白するシーンに遭遇する。海は自分が人を好きになれない性質であることや、恋愛感情が理解できないと語り、彼女からの告白を断った。それ以来、山口は大学に来なくなり、必修科目の授業にも顔を出さなくなってしまう。後日うみ子は、成り行きで海と恋愛映画を観に行くことになる。その帰り道、海は物事がうまくいかないからといって否定するのは逃げだと、うみ子に語る。だが次の瞬間、山口との一件を思い出した海は、自分も同じことをしていると気づくのだった。するとうみ子は、海にケーキを差し入れするという口実で、山口の家に様子を見にいくことを提案。山口にケーキを手渡し、無事を確認したうみ子だったが、山口の自宅付近で別れたはずの海が立っていた。そして海は、うみ子にお礼を言うと、自分がうみ子を撮りたいと思っていることを明かし、まるでプロポーズのように自分の映画制作への意欲を語って、うみ子を撮るために修業に出ると伝えるのだった。海はそのまま大学から姿を消し、うみ子を心配させるものの、海は映画の撮影現場でプロのスタッフを手伝いながら、実写映画の撮影について学び始めていた。

登場人物・キャラクター

茅野 うみ子 (ちの うみこ)

最近、長年連れ添った夫を亡くし、一人暮らしをしている女性。年齢は65歳。思い付きで映画館に何年ぶりかに足を運んだことで、自分が映画好きであることを再認識する。そこで偶然知り合った美大生・濱内海に触発され、美術大学で映像を学びたいと考えるようになり、うみ子の娘に背中を押される形で入学を決意した。若い学生ばかりに囲まれる中で、つねに年寄り扱いされ、美大に通うことを老後の楽しみだと思われているなど、どこか偏見の目で見られることにモヤモヤとした感情を抱いている。とはいえ、つい自虐的な言葉でその場を収めようとしたり、そんなモヤモヤした自分自身にとどめを刺したりしてしまうことも少なくない。だが、日常的に海とかかわりを持つようになり、自分の自虐的な発言が人を傷つけることがあると気づかされ、自虐的な発言はしないように心がけるようになっていく。周囲も次第にそんな茅野うみ子を仲間として認識するようになり、映像実習で同じ班になった山口稿をはじめとする学生たちともいい関係を築き始め、それまで抱いていたモヤモヤを少しずつ解消していく。その後、海が心に抱いている傷を知り、海に強い関心を抱くようになる。そして、海といっしょに海岸へ出たことがきっかけで、海を被写体に映画を撮りたいと強く思うようになる。一方の海は、うみ子を被写体にしたいと思うようになり、うみ子を撮るために実際の映画の撮影現場に入る。そんな映画に対する強い思いとともに、つねにアクティブであろうとする海の姿は、うみ子の心の中に波風を立てる。海への思いは、恋愛感情というような簡単な言葉で説明できるものではないが、うみ子が思うよりも彼女の中で海は大きな存在になっていく。将来は映画館で自分の作品を上映したいという夢を抱いている。映画館では、昔からスクリーンよりも観客の反応が気になるタイプ。

美術大学の映像専攻に在籍している男子大学生。年齢は20歳。ショートボブヘアで、中性的な雰囲気を漂わせている。基本的に口数が少なくマイペースな性格の持ち主。大学の仲間からは、「ウツミ」と呼ばれている。両... 関連ページ:濱内 海

うみ子の娘 (うみこのむすめ)

茅野うみ子の娘で義光の妻。息子の悠太を保育園に預け、漫画家として執筆活動を続けている。うみ子の娘自身が描く漫画のジャンルがBLであることから、うみ子にはペンネームを教えていない。夫を亡くしたうみ子が一人で暮らしていることを心配しており、スマートフォンをプレゼントして時折ビデオ通話を行っている。ある時うみ子から、映画への興味をかき立てられていることを聞かされ、自分の人生だから好きなことをしたらいいと背中を押した。

山口 稿 (やまぐち こう)

美術大学の映像専攻に在籍している女子。茅野うみ子と同じクラスとなり、映像実習では同じ班になった。先輩や仲間内からは「グチ」と呼ばれている。どちらかといえば物静かな性格で、緑色のショートヘアにしている。同じ大学の先輩・濱内海にひそかな思いを寄せているが、それをかたくなに認めようとしない。何かと海とかかわりを持つうみ子に対してジェラシーをあらわにするなど、子供っぽい一面がある。ある日、酒に酔った勢いで海に告白するが、恋愛感情が理解できないと言われ、断られた。それからしばらく大学に姿を見せなくなり、海とうみ子を心配させるが、うみ子が気を利かせた差し入れと訪問が功を奏し、立ち直ることができた。それ以来、うみ子とは本音で語り合える関係へと変化し、友人として信頼関係を築くようになる。実は生粋のコスプレイヤーで、アニメの男装を得意としている。衣装も手作りのものを使用している。

佑介 (ゆうすけ)

濱内海の高校時代の友達の男子。右頰にほくろがある。映画に強い関心を抱いており、絵コンテを描くなど撮影に対して興味を持っている。同じく映画に興味を持つ海とは話が合い、実際に撮った映像を動画サイトにアップしたり、日常的に身近な映像を撮影したりするなどしていた。周囲が進路を決めていく時期になり、海からいっしょに美大を目指そうと誘いを受けるが、実家が裕福ではなかったことや、父親が亡くなったことで、自分に美大への進学という選択肢がない状況を自覚していた。そのため映画は趣味であり、ただの遊びだからと言って笑ってごまかし、海の誘いを断った。その後、事情を知った海から謝罪を受けたが、それからは話すこともないまま高校を卒業し、海とは疎遠になってしまう。卒業後は地元の不動産会社に就職し、働きながらボランティア活動に勤しんでいる。その活動の最中、数年ぶりに偶然海と再会。海が両親からの学費援助を断り、自費で大学に通っていることを知り、自分の高校時代の発言のせいではないかと謝罪した。海と話したことで誤解とわだかまりが解消し、もとの良好な関係を取り戻すことができた。

高階 晴 (たかしな はる)

美術大学の映像専攻に在籍している女子。茅野うみ子と同じクラスとなり、映像実習では同じ班になった。おっとりとした性格で、あまり物事を深く考えないタイプ。いい加減なように見えて、意外とまじめな一面がある。将来目指しているのは映画監督ではなく、大学に通っている目的は編集技術習得のためで、教員資格も取得する予定。将来は動画投稿サイトで登録者100万人を達成したら、タワーマンションに住みたいという夢を持っている。

北里 一心 (きたざと いっしん)

美術大学の映像専攻に在籍している男子。茅野うみ子と同じクラスとなり、映像実習では同じ班になった。親がカメラマンをしているため、なんとなく美大に進学した。しかし実習で厳しい評価を受け、映画製作が本当に自分のやりたいことなのかと、懐疑的になっている。

浜本 卓史 (はまもと たかし)

美術大学の映像専攻に在籍している男子。茅野うみ子と同じクラスとなり、映像実習では同じ班になった。自らが商業映画の監督を務める姿が想像できないと考えており、今は大学生らしいことをしようと考えている。

sora (そら)

15歳にしてブランドを立ち上げ、主演映画も決まっている人気急上昇中のインフルエンサーの現役男子高校生。左目尻にほくろがある。映画の画面に映っていた濱内海を一目見て気に入り、彼に会いたいがために美術大学の大学祭に顔を出した。海を捜していた際に、学校関係者だと思って茅野うみ子に声をかけた。しかし、うみ子が学生だと知り、金持ちのヒマ人で老後の趣味なのかと揶揄し、うみ子を傷つけた。底抜けに明るい性格ながら、無神経なところがある。実は来春から美術大学の映像科に入学を予定している。

書誌情報

海が走るエンドロール 3巻 秋田書店〈ボニータ・コミックス〉

第1巻

(2021-08-16発行、 978-4253265218)

第2巻

(2022-02-16発行、 978-4253265225)

第3巻

(2022-07-14発行、 978-4253265232)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo