火袋

どろろ(漫画)の登場人物。読みは「ひぶくろ」。お自夜、どろろとは親族関係にある。

  • 火袋
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
どろろ(漫画)
正式名称
火袋
ふりがな
ひぶくろ

総合スレッド

火袋(どろろ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

野盗の頭。さむらいから村を守るために戦った農民であったが、後に野盗となった。さむらいたちに虐げられたものが力を合わせてさむらいたちに立ち向かえるようにと、奪った金を密かに隠した。どろろの父。手下であるイタチに裏切られ、足を不具にされ、以後どろろお自夜ともども放浪を強いられ、最期は通りがかりのさむらい一行との諍いで命を落とす。

登場人物・キャラクター

どろろの母。農民たちがさむらいたちに力を合わせて戦う資金にするために夫である盗賊火袋が密かに隠した宝の地図を、どろろの背中に書き込む。雪の山中にどろろともども迷い込み最期を迎える。
『どろろ』の主人公の一人。元農民の盗賊、火袋とお自夜の子ども。天涯孤独となって、「人間の皮をかぶったドブネズミ」といわれながらも、たくましく生きているチビッコどろぼう。百鬼丸の腕に仕込まれた刀に惚れ込...

登場作品

戦乱が続く、中世日本。天下取りをもくろむ醍醐景光は、願いを叶える代わりとして生まれてくる我が子の体、48カ所を48の魔神たちに与える。不自由な体で産み落とされた子どもは川へ捨てられるが、医者寿海にひろ...