白澤

鬼灯の冷徹(漫画)の登場人物。読みは「はくたく」。鬼灯とはライバル関係。

  • 白澤
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鬼灯の冷徹(漫画)
正式名称
白澤
ふりがな
はくたく

総合スレッド

白澤(鬼灯の冷徹)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

基本設定は中国の神獣の白澤と同じ。鬼灯と顔の造りが似ているためによくネタにされるが、本人たちは犬猿の仲。牛の神獣であるが人型の女の子、女性が大好きで、常に人の姿でいるのは彼女らと遊ぶため。牛頭を紹介されてもあまり食指が動かない模様。無類の酒好きでもあるが、鬼灯ほど肝臓は強くない。

知識の神なだけあって物事については非常に造詣が深く、中でも薬学界の権威でもある。しかし薬学知識を深めたのは上述の通り、女の子たちと遊ぶためだったので、雇った桃太郎に心底呆れられている。裁判制度を学びに来た鬼灯に裁判制度を教えた張本人だが、へべれけに酔わされたために足を踏み外して地上に落ち、黄帝に捕えられてしまうという踏んだり蹴ったりな経緯があった。

薬学以外の技能は概ね壊滅的で、特に芸術センスは絵は何を描いているのかわからない、私服の趣味はじじくさい、ファッションセンスは皆無と三拍子揃っているため「右脳に致命的欠陥がある」と他方から評されている。ただし知識の神らしく鬼灯シロのおかげで休暇をもらった際は閻魔大王の補佐官代理として急遽裁判補佐を務めたが、きっちり仕事をこなしていたために彼のただれた私生活を知る座敷童子からも「案外飲み込み早い」と評価された。

登場人物・キャラクター

閻魔大王の二代目第一補佐官。初代は日本神話のイザナミで、彼女が黄泉をあまりにも私的に管理していたため、下積みを経て閻魔大王にその手腕を見込まれたあと中国に渡って裁判制度を学び、現在の体制に整備して半強...

登場作品

主人公の鬼灯は、人材不足に悩む日本地獄全272部署を仕切るにおいて、有能な鬼神。彼は今日も閻魔大王を叩きつつ、裁判の補佐・現世や他宗教の地獄への視察・現場(地獄)への人材配置や労働環境改善・物品取引に...