砌斌 兵斗

砌斌 兵斗

Dämons(漫画)の主人公。読みは「さいもん へいと」。別称、ダイモンズヘイト。ヒロコとは親族関係にある。

登場作品
Dämons(漫画)
正式名称
砌斌 兵斗
ふりがな
さいもん へいと
別称
ダイモンズヘイト
関連商品
Amazon 楽天

概要

ロゴスディア社で医療のためにナノテクノロジーを研究する世界的な技術者だったが、ナノテクを軍事目的に転用する事に従えなかったため裏切り者として命を狙われた男。プログレス・カーソンら5人によって妻のヒロコと娘のユミを殺害され、自身も両腕を破壊されて死にかけるが、ベッケル博士によって一命を取り留める。

妻子の仇を討つため、博士が研究していた特殊な力ゼスモスを会得し、その力のみで動く合金製の義手を身につけて復讐の旅に出る。行く手を阻む者は悪人であれば容赦なく倒す事から悪魔の怒りや憎しみを意味するダイモンズヘイトと呼ばれているが、本来は優しい性格である。

関連人物・キャラクター

ヒロコ

ロゴスディア社の研究員であった砌斌兵斗の妻。開発したナノテクノロジーを軍事関係に提供される事を嫌った砌斌兵斗が造反者として抹殺される事になった際、同罪として娘のユミと共に溺死させられる。殺害の首謀者であったプログレス・カーソンとは幼馴染であり、砌斌兵斗とも中学生の時に出会った。

プログレス・カーソン

ロゴスディア社で砌斌兵斗と共にナノテクノロジーを研究していた男。ナノテクノロジーの軍事転用を問題視した砌斌兵斗を裏切り者として妻子もろとも抹殺しようとするが砌斌兵斗のみ殺害に失敗し、彼から妻子の仇とし... 関連ページ:プログレス・カーソン

関連キーワード

ロゴスディア社

『Dämons』に登場する企業。砌斌兵斗がプログレス・カーソンらと共に働いていた、ナノテクノロジーで最先端を行く企業。表向きは医療など平和目的の研究をしているが、やがて技術を軍事開発に転用し始めたほか、世界各地で起こる原因不明の事故や異常気象にも同社のナノテクノロジーが関与しているといわれる。

登場作品

Dämons

特殊な力ゼスモスによって義手を操る砌斌兵斗と、その妻子の仇であり改造された肉体などを武器とするロゴスディア社の面々との戦いを描く。手塚治虫の漫画『鉄の旋律』を原作としている。 関連ページ:Dämons

SHARE
EC
Amazon
logo