碧生

碧生

とりかえばや異聞(漫画)の登場人物。読みは「みどりお」。紫子とは親族関係にある。

登場作品
とりかえばや異聞(漫画)
正式名称
碧生
ふりがな
みどりお
関連商品
Amazon 楽天

概要

佐伯家の跡取り。若くして家督を相続し、苦労を重ね家を守り、家臣に厚く信頼されている。見た目は線も細く物腰も柔らかで女のように美しいが、内面は意志が強く当主たる威厳を備えている。戦の際に胸に受けた傷が元で療養する間、他国からの攻撃をかわすため、双子の妹紫子に身代わりを頼むが、婚礼直前に急逝。

紫子として葬られる。

関連人物・キャラクター

紫子

佐伯家の当主碧生の双子の妹。双子故に生後まもなく外に出され、西大路の大海屋の跡継ぎとして育つ。長身で体格も良く、女だてらに剣の腕も立つため、男と間違われることが多い。養父亡きあと遊女屋で働き始めたところで風吹と出会い恋に落ちる。療養中の兄碧生の身代わり役に連れ戻され、最後まで身代わりを務める。

登場作品

とりかえばや異聞

平安時代後期に成立した日本の古典『とりかえばや物語』を素材とし、織田と毛利が覇権を争う戦国時代の安芸国佐伯家を舞台に変えた作品。療養中の兄の身代わりをつとめていた双子の妹、紫子が、国を守るため入れ替わ... 関連ページ:とりかえばや異聞

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
風吹
能美 右京之介
笹島
その他キーワード
logo