花山 靖

花山 靖

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「はなやま やすし」。

登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
花山 靖
ふりがな
はなやま やすし
関連商品
Amazon 楽天

概要

一匹狼の不良少年。原真清とは犬猿の仲。相手を選ばず暴れ回っていたため、陴威窠斗などのグループからも狙われている。頭に血が上ると体中に虫が這いずり回る幻覚に襲われ、我を忘れて暴走してしまう。小学生のころ、野球で佐川愛に負け、練習を重ね再戦を果たすが、体の成長もあり簡単に勝ってしまい、愛を初めて自分を負かした人間として一生命に代えても守ると宣言。

以降、彼女のことを「愛様」と呼び慕っている。1979年の「鬼祭り」の際は最強の鬼「サクラ」に扮した。そこでギッチョと出会い愛の情報と引き換えに彼の子分となった。その後、雛石顕治の策に乗せられ襲撃してきた北丸蛍らのグループを返り討ちにし検挙、鎖国島へと渡った。

その際、逃亡中に出会った牛山玄造を舎弟にしている。ギッチョと島で再会したときには、「王様」となっていた。

登場作品

女神の鬼

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(... 関連ページ:女神の鬼

SHARE
EC
Amazon
logo