谷垣 源次郎

谷垣 源次郎

ゴールデンカムイ(漫画)の登場人物。読みは「たにがき げんじろう」。

登場作品
ゴールデンカムイ(漫画)
正式名称
谷垣 源次郎
ふりがな
たにがき げんじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

第七師団所属の一等兵。秋田の阿仁出身で、マタギとして育った。太い眉毛に、モミアゲと髭が繋がっているのが特徴の男性。仲間である尾形百之助から得た情報により、玉井野間岡田と共に杉元佐一アシリパを分断して追い詰めた。だが、アシリパを守るために現れたレタラによって右足を折られ、追跡を断念する。二瓶鉄造に助けられ、歩けるまで回復すると、絶滅寸前のエゾオオカミ、レタラに刺激されたマタギの本能を疼かせる。二瓶と共にレタラの狩猟に乗り出し、第七師団と決別した。かつて、親友の青山賢吉に妹のフミを無残に殺され、復讐のために彼を追って第七師団に入隊。二○三高知での戦いに参加中、自爆特攻をしかけてきたロシア兵を、身を挺して阻止した賢吉と再会し、復讐を果たそうとした。しかし、今際の際の賢吉から、実は疱瘡に罹ったフミから、皆に伝染すまえに殺して欲しいと懇願されたことを聞く。また、自分が感染していなければ、その命をどう使うか役目を探しなさい、とも言われていたことを聞き、彼に猟師時代の思い出の食べ物、カネ餅を与えて看取った。以来、故郷には戻れず、自分の役目を求めて生き続けている。二瓶の死後は、フチの村で穏やかに過ごしていたが、インカラマッからアシリパに危機が訪れるという予言を聞くと、フチを安心させるために、アシリパを連れ戻すことが自分の役目だと考え、アシリパを追って旅に出た。好物はきりたんぽ。

登場作品

ゴールデンカムイ

舞台は明治時代後期の北海道。日露戦争に従軍して「不死身の杉元」と謳われた兵士、杉元佐一が、戦友であった寅次の妻、梅子を救う大金を得るため、死刑囚たちが隠したという莫大な埋蔵金を追って、大自然に生きるア... 関連ページ:ゴールデンカムイ

SHARE
EC
Amazon
logo