辺見 和雄

辺見 和雄

ゴールデンカムイ(漫画)の登場人物。読みは「へんみ かずお」。

登場作品
ゴールデンカムイ(漫画)
正式名称
辺見 和雄
ふりがな
へんみ かずお
関連商品
Amazon 楽天

概要

網走監獄に収容されていた男性。体中にアイヌ民族の金塊の在処を示す刺青(通称、刺青人皮)を持つ24人の死刑囚の1人。一見大人しそうな見た目をしているが、各地を放浪し、100人以上を殺害して服役していた殺人鬼。殺害した相手の背中に「目」という文字を刻み込むのが特徴。巨大な猪に弟を食い殺された過去を持つ。なすすべもなく死に行く弟が必死に抗う姿に魅せられてしまい、再び同じものが見たいと、殺人衝動に駆られて人を殺し続けている。また、必死に抗って残酷に殺されたいという願望も持ち合わせている。金塊を探す屯田兵に移送されていた途中、兵士を皆殺しにして死刑囚たちと脱獄に成功。しかし金塊には興味を見せず、鰊漁を生業とする「ヤン衆」の季節労働者として働きながら、他の労働者の目を欺いて殺人を続けていた。その後、自身の噂を聞きつけて現れた杉元佐一と遭遇、彼に惹かれ、殺し合いの果てに殺されたいと願うようになる、杉元に殺されるところを想像しては絶頂に達していた。杉元を背後から襲うが返り討ちにあい、本懐を遂げようとしていたところを、沖に乗り出してきたシャチに襲われ、絶頂のまま死亡する。

登場作品

ゴールデンカムイ

舞台は明治時代後期の北海道。日露戦争に従軍して「不死身の杉元」と謳われた兵士、杉元佐一が、戦友であった寅次の妻、梅子を救う大金を得るため、死刑囚たちが隠したという莫大な埋蔵金を追って、大自然に生きるア... 関連ページ:ゴールデンカムイ

SHARE
EC
Amazon
logo