邂逅の森 新約マタギ伝

邂逅の森 新約マタギ伝

秋田、阿仁地方でマタギとして育った青年の半生を描く作品。熊谷達也による直木賞受賞小説『邂逅の森』を漫画化したものである。物語を貫く縦糸となるのは、並外れた巨体と高い知能を併せ持つツキノワグマのコブグマと主人公との対決だが、大正期を中心に、村田銃と呼ばれる単発の狩猟銃を主な武器に、山の獣を狩って生計を立てるマタギたちの生活、掟、狩猟の技などに加え、当時の東北地方の習俗なども詳細に描かれている。原作:熊谷達也、作画:近藤佳文。

正式名称
邂逅の森 新約マタギ伝
作画
原作
ジャンル
歴史もの一般
 
大正時代
関連商品
Amazon 楽天

概要

その精強さで知られる阿仁マタギの一員の松橋富冶は、兄や頭領らの先人たちに鍛えられながら狩りの腕を磨いていた。あるとき富冶は、獲物を求めて入った山の中で不死身かと思えるほどの生命力と狡猾さを持つ熊、コブグマに襲われる。兄の助けによりその命を拾った富冶だったが、マタギとして大きな屈辱を味わう。

さらに、村の地主の娘と恋仲になったことが発覚、村を追われ、鉱夫として生きることを余儀なくされてまうのだった。それから数年、鉱山で弟分となった男の村に招かれた富冶は、村の若者たちによる狩猟組を率いる立場となっていた。再びマタギとなった喜びを噛み締める富冶。その前に姿を現したのはあのコブグマだった。己の人生の全てをかけて富冶は巨獣と対峙する。

登場人物・キャラクター

主人公

阿仁マタギとして育った青年で、未熟ながらも優れた素質を持っていたが、地主の娘の文枝と恋仲となり妊娠させてしまったために、マタギとしての将来を失い、鉱夫として生きることになる。だが、鉱山で弟分となった小... 関連ページ:松橋 富治

富冶の兄であり優秀なマタギでもある青年。マタギの先達として富冶には厳しく当たるが、弟の才覚を誰よりも認めている。富冶がコブグマと初めて対峙した際に、富冶を救うために足を骨折している。 関連ページ:松橋 富雄

富冶たちを率いる阿仁マタギの頭領。一生をマタギとして生きてきた男で、すでに老境に入りつつあるが、その腕は衰えていない。山の怖さを熟知しており、常に的確な判断を下す。 関連ページ:善次郎

富冶が住む村の地主の娘。富冶と恋仲となりその子を孕むが、様々な事情により富冶と添うことをあきらめ、別の男の妻となる。 関連ページ:片岡 文枝

富冶たちが猟に出た先の温泉地で知り合った富山の薬売り。熊の多い猟場の情報を教える代わりに、富冶たちから熊の胆を買い取りたいと申し出る。しかし、受け取った熊の胆の代金を踏み倒して姿を消してしまった。 関連ページ:沢田 喜三郎

富冶が猟に出た先で出会ったマタギの男。兄がコブグマによって命を落しており、その仇を取るため、富冶と共にコブグマを狩ろうとする。 関連ページ:滝沢 鉄五郎

富冶が村を離れ、鉱夫として働いていた際に、弟分となった男。力自慢の巨漢である上に、粗忽で粗暴な性格のため周囲とトラブルを起こすことが多い。女郎として売られてしまった妹を買い戻すために、鉱山での仕事の合... 関連ページ:難波 小太郎

小太郎の妹。幼い時分に女郎屋に売られたが、小太郎が鉱山と狩りとで稼いだ金で自由の身となり、故郷の村に戻ってきた。実は女郎屋に入るその日に富冶と出会っており、その際に富冶からかけられた言葉を胸にしまって... 関連ページ:難波イク

『邂逅の森 新約マタギ伝』に登場する野生動物。通常の個体に比べ一回り以上大きな体躯と、恐るべき狡猾さを併せ持った熊。足跡の一部がコブがあるかのように極端に膨らんでおり、そのため近隣のマタギたちからコブ... 関連ページ:コブグマ

集団・組織

阿仁マタギ

『邂逅の森 新約マタギ伝』に登場する職能集団。秋田県阿仁地方を中心に活動するマタギの集団で、熊を主な獲物として狙う。その精強さ、腕の良さで他のマタギ衆とは一線を画す存在として知られている。 関連ページ:阿仁マタギ

SHARE
EC
Amazon
logo