飛垣 陵子

飛垣 陵子

アタックNo.1(漫画)の登場人物。読みは「ひがき りょうこ」。鮎原こずえとはライバル関係。

登場作品
アタックNo.1(漫画)
正式名称
飛垣 陵子
ふりがな
ひがき りょうこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京代表、東南女子高校のキャプテン鮎原こずえの素行をフィルムに収め、拉致して筋電図データを採り、おじが研究している最新コンピューターで分析して、こずえ、ひいては富士見高校の弱点を探り出した。右目を失明してオリンピックを断念した姉・飛垣友江の代わりにオリンピックを目指している。

髪型は短めのおさげ。こずえたち富士見高校とは春の全国大会で5時間にわたる激戦の末、惜敗。

関連人物・キャラクター

鮎原こずえ

腸が弱く、リンパ腺が腫れる病気で、東京の両親の元から叔父、叔母のいる静岡県富士見市富士見が浜にある富士見学園に転校してきた(当時中学2年生)。後日、両親も富士見が浜に越してきている。転校当初はスポーツ... 関連ページ:鮎原こずえ

登場作品

アタックNo.1

東京から静岡県の富士見学園に転校してきた鮎原こずえは、バレー部員に絡まれたことから、バレー部と不良グループをバレーの試合で勝負させることになり、その結果、不良たちを勝たせてしまう。こずえは東京で名門の... 関連ページ:アタックNo.1

SHARE
EC
Amazon
logo