鷹垣 我流

鷹垣 我流

三つ目の夢二(漫画)の登場人物。読みは「たかがき がりゅう」。

登場作品
三つ目の夢二(漫画)
正式名称
鷹垣 我流
ふりがな
たかがき がりゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

建築家。帝都改造計画の昼と夜で都市も階級も入れ替わる機械都市を設計している。それと同時に移動式の舞台が変形する機械劇場も運営し演出家もしている。更に人造人間を作る技術を持っており、その人造人間こそが女優にふさわしいと考えていた。東京全体を劇場に見立て新都市の人口を全て自分の作った女優である人造人間に入れ替えようと目論んだ。

当初はマリアを使っていたが女優には心は不要だという考えを持ちに目をつけで型をとった人造人間エバを量産した。都市を反転することで革命をたくらんでいたが結局はMに阻止され、階級が入れ替わる仕組みを破壊される。地下摩天楼の建築だけは続行を許可された。

登場作品

三つ目の夢二

有名画家の竹久夢二は恋人の彦乃を亡くしてからというものの絵を描かずに彦乃の魂を写そうと写真に精を出すもなかなか上手くいかない。彦乃に会えるのなら地獄に落ちてもいいと言う竹久夢二の元に忌が現れ地獄へ繋が... 関連ページ:三つ目の夢二

SHARE
EC
Amazon
logo