DEATH NOTE

DEATH NOTE

名前が書かれた人物に死をもたらすデスノートを手に入れた青年・夜神月と、その力を使った大量殺人の真相を追う名探偵Lとの頭脳戦を描いたクライムサスペンス。

世界観

おもに日本を舞台とした作品。さくらTVやヨツバグループSPK(Secret Provision for KIRA)といった架空の団体・組織が登場する一方で、検察庁やFBI、ICPOといった実在組織も登場する。作中では時間も経過し、物語当初に高校生だったは、その後大学生となり、第二部では警察庁に入庁した。

物語の核となるのはデスノートと呼ばれる黒いノートである。これは死神の持つノートで、名前を書いた人間を必ず殺すことが可能。ただし、デスノートの使用にはさまざまなルールが存在し、たとえば殺すためには対象となる人物の顔を思い浮かべながら名前を書かなくてはならない。こうした、ルールの存在は物語の展開に大きな影響を与えていった。

また、デスノートの持ち主である死神たちも複数登場する。死神たちは喜怒哀楽を持った非常に人間くさい存在として描かれており、物語にも深く関与。さらに死神たちの住む死神界もわずかなシーンであるが描かれており、そこには建物などがない荒涼とした景色が広がっている。

作品構成

デスノートの力を使って世の中の犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月=キラの戦いを描いた作品で、デスノートを拾い、世界一の名探偵Lとの対決に勝利するまでを描いた第一部と、その5年後を舞台にLの後継者であるニアおよびメロとの戦いを描いた第二部で構成される。

本作の大きな特徴は、主人公のがダークヒーローとして描かれている点。は「自らが法となって犯罪者を裁くことで、世の中を正しい方向へ導く」という理想を掲げているが、一方でその理想を邪魔する相手は、たとえ犯罪者でなくとも非情に殺害していく。また、物語では弥海砂高田清美といったに好意を寄せる女性たちが登場するが、そこに純粋なロマンスなどは発生せず、むしろはその好意を逆手に取り、自分の野心を叶えるための道具として利用。作中、世間はキラ擁護派と反対派に分かれるが、が必ずしも「正義」の存在として描かれていないことで、読者も同じように派と、それを追うL派のそれぞれに感情移入しながら物語を楽しめるようになっている。

あらすじ

第一部

成績優秀な高校生・夜神月は、ある日高校の校庭で一冊の黒いノートを拾う。それは、死神・リュークの落とした、名前を書いた人間を必ず殺すというデスノートであった。実際にノートを使い、その力が本物であることを確信したは、腐った世の中を変えるため、デスノートを利用することを決意。世界中の犯罪者たちの名前を次々と書き込み、抹殺していくことで、犯罪のない理想世界を作り上げようとする。人びとは、犯罪者を抹殺する存在をキラと呼びはじめる。

一方、犯罪者が相次いで不自然な死を遂げていることに気付いたICPOは、数々の難事件を解決してきた謎の名探偵Lに事件の真相解明を依頼。キラは救世主ではなく大量殺人犯であると断罪したLは、持ち前の推理力でキラが日本にいることを見抜くと、テレビ番組を通じてキラに必ず逮捕すると宣戦布告する。

父親が警察庁刑事局局長であるという立場を利用し、Lの正体を突き止めようとすると、そんなに疑いの目を向けるL。それぞれの思惑が交錯する中、やがてとは別のデスノートを持つ、第二のキラ・弥海砂が出現した。これを機に捜査本部の一員となったは、表向きは捜査に協力しながら、裏では弥海砂を味方に引き入れ、L抹殺に利用しようと画策する。そしてLもまた、弥海砂の出現を機に、ますますへの疑いを強めていくのだった。Lの本名を知ってデスノートで抹殺したいと、がキラであるとの確証を得たいL。ふたりは見せかけの協力関係を築きながら、互いに相手の裏をかこうと、熾烈な駆け引きを繰り広げていくことになる。

第二部

Lとの死闘から5年後。警察庁に入庁したは、Lの後任として、事実上のキラ事件捜査のトップとなっていた。捜査本部を完全に掌握したは、表向きは二代目Lとして見せかけのキラ捜査に当たりながら、裏ではより精力的にキラとして犯罪者の裁きを行うようになる。この結果、世間では次第にキラへの賛同・服従を示す声が高まるようになり、ついには「キラを認める」と主張する国家も現れるまでになっていた。

そんなに対し、アメリカではLの意思を継ぐ2人の天才が、それぞれキラ確保のために動き出す。そのひとりニアは、独自にデスノートの存在を突き止めると、これをアメリカ大統領に報告し、日本の捜査本部とは別のキラ対策機関・SPK(Secret Provision for KIRA)の主要メンバーに。一方、もうひとりの後継者であるメロもまた、独自にデスノートの存在に気付くと、マフィアと手を組み、日本の捜査本部が保管しているデスノートを強奪しようと画策する。こうしてニアメロの三者によるデスノートをめぐる新たな戦いが幕を開けるのであった。

メディアミックス

映画

2006年に2部構成の『デスノート』および『デスノート the Last name』が公開され、前後編合わせて興行収入80.5億円のヒットとなる。2008年にはLを主人公としたオリジナルストーリーのスピンオフ作品『L change the WorLd』が公開、こちらも興行収入31億円を記録した。また、2015年には2006年公開の2部作の続編となる『デスノート2016』の製作が発表された。配給はいずれもワーナー・ブラザース映画。

テレビドラマ

2015年7月から9月まで日本テレビ系で『デスノート』のタイトルで放送された。主人公の夜神月が、居酒屋でアルバイトをするごく平凡な大学生として描かれるなど、原作とは異なるキャラクター設定で話題となった。

アニメ

2006年10月から2007年6月まで日本テレビ系で全37話が放送。2007年8月にはテレビアニメ版の総集編となる『ディレクターズカット完全決着版 ~リライト・幻視する神~』(テレビアニメ版の第1話~第26話を再編)と、『DEATH NOTE リライト2 Lを継ぐ者』(第27話~第37話を再編)がそれぞれ『金曜特別ロードショー』にて放送された。

小説

2006年に原作で言及はあるものの、詳細が語られなかったL南空ナオミが担当したロサンゼルスBB連続殺人事件を描いた『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』(西尾維新著)が、2007年に映画『L change the WorLd』のノベライズ作品となる『L change the WorLd』(M著)が出版された。

舞台

2015年に原作をミュージカル化した「デスノートThe Musical」が上演された。本作品は東京、大阪、名古屋のほか韓国でも上演されている。

ゲーム

ニンテンドーDSで『DEATH NOTE -デスノート- キラゲーム』(2007年2月)、『DEATH NOTE -デスノート- Lを継ぐ者』(2007年7月)、『L the proLogue to DEATH NOTE -螺旋の罠(トラップ)-』(2008年2月)の3本のソフトが発売。2006年にトレーディングカードゲーム『DEATH NOTE トレーディングカード』も発売された。メーカーはいずれもコナミデジタルエンタテインメントである。

また、2014年にはリアル脱出ゲームを企画・運営するSCRAPとコラボしたイベント『DEATH NOTE×リアル脱出ゲーム 新世界の神からの脱出』が東京と大阪で開催された。

社会に与えた影響

単行本の世界総発行部数は3千万部超で、北米や欧州などで翻訳版が出版されている。また、各種メディアを中心に本作に関するさまざまな批評も活発に行われた。

2006年には前後編の2部作で映画が公開され、両部合わせて80億円以上の興行成績をおさめるヒットに。ほかにもアニメ、TVドラマ、ミュージカルといった多彩な展開が行われている。

本作の原作者である大場つぐみが年齢、性別など一切非公開であったことから、その正体を巡って、ネット上などでさまざまな憶測が飛び交った。

作家情報

原作者の大場つぐみは『DEATH NOTE』がデビュー作で、公式では新人とされている。しかし素顔を一切公表せず、年齢や性別も明かされていなかったことから「実際は実績のある作家の別名義ではないか」と噂されていた。その正体については、複数の業界関係者などによって、かつて週刊少年ジャンプで『とっても!ラッキーマン』などを連載していたガモウひろしであるとの証言がなされているが、これに対する集英社からの正式なアナウンスはなく、真偽は不明のままである。

作画の小畑健は1989年に週刊少年ジャンプで連載された『CYBORGじいちゃんG』でデビューしたが、それ以前は漫画家の次原隆二(代表作:『よろしくメカドック』など)、にわのまこと(代表作:『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!』など)の下でアシスタントをしていた。なお、デビュー当時のペンネームは土方茂だったが、1991年連載の『魔神冒険譚ランプ・ランプ』(原作:泉藤進)から小畑健に改名した。また、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の作者である和月伸宏は、小畑を師匠と仰いでおり、デビュー前にアシスタントとして小畑の作品に参加していた。

登場人物・キャラクター

主人公

犯罪の蔓延する世の中に強い嫌悪感を抱いている青年。登場時は私立大国学園高等学校の高校生で、のちに東応大学の大学生を経て、警察庁情報通信局情報管理課技官となる(身分を隠すため、表向きは大学院生となってい... 関連ページ:夜神 月

死神。夜神月が拾ったデスノートの元の持ち主。退屈な死神界に飽き、人間界のほうが面白そうだからという理由で、自らデスノートを人間界に落とした。デスノートに触れた者にのみ、その姿や声を認知できる。デスノー... 関連ページ:リューク

死神。弥海砂に恋をして死んだ、死神・ジェラスの遺したデスノートを海砂に渡した。デスノートに触れた者にのみ、その姿や声を認知できる。海砂に強い好意を抱いており、自らの命を投げ打ってでも海砂を守ろうとした... 関連ページ:レム

死神界から毎日海砂を見つめ続けていた死神。海砂に恋をしており、デスノートを使って本来はストーカーに刺されて死ぬはずだった海砂の命を救う。だが、これは死神として犯してならない行為であり、その報いとして死... 関連ページ:ジェラス

死神。リュークが人間界に落とした、デスノートの本来の持ち主。デスノートに触れた者にのみ、その姿や声を認知できる。自分のデスノートを取り戻すため、地上へとやってくる。 関連ページ:シドウ

天才的な頭脳を持つ青年。さまざまな迷宮入り事件を解決してきた世界的な名探偵。素顔や本名、所在地を一切公開せず、関係者にはLというコードネームで知られる。また、Lとのコンタクトはすべてワタリを通じてのみ... 関連ページ:L

温和そうな老紳士の男性。Lの代理人で、Lとコンタクトをとれる唯一の人物。ワタリは通称で、本名はキルシュ・ワイミーという発明家。いくつもの特許で莫大な財産を築いた人物で、その資金で世界各地に孤児院を創設... 関連ページ:ワタリ

ミサミサの愛称で知られる、ティーン誌のモデル兼タレントの少女。死神・レムからデスノートを渡された。死神の目を持ち、顔を見ただけで相手の名前を知ることができる。かつて自分の両親を殺した犯人を、キラが裁い... 関連ページ:弥 海砂

夜神月の父親。警察庁刑事局局長で、キラによる凶悪犯大量殺人特別捜査本部の本部長。正義感が強く、職務に忠実な性格。日本で調査を行っていたFBIの捜査官全員がキラによって殺された際も、悪に屈してはならない... 関連ページ:夜神 総一郎

夜神月の妹。登場時は中学生だったが、のちに大学生へと成長する。明るく活発な性格で、兄の月のことを強く慕っている。大学生となったのちデスノートをめぐる事件に巻き込まれてしまう。 関連ページ:夜神 粧裕

夜神月の母親。専業主婦で、成績優秀な月は自慢の息子。危険な任務に従事する夜神総一郎の身を案じつつ、なにがあっても一生ついていくと告げるなど、夫と家族のことを心から愛している。 関連ページ:夜神 幸子

警察庁の男性刑事。キラによる凶悪犯大量殺人特別捜査本部の一員。真面目だが天然な性格で、本人いわくコネで警察庁に入ったとのこと。キラによってFBIの捜査官が殺されたあとも、危険を承知で捜査本部に残った。... 関連ページ:松田 桃太

警察庁の男性刑事。キラによる凶悪犯大量殺人特別捜査本部の一員。アフロヘアーが特徴。妻とふたりの子供がいる。キラによってFBIの捜査官が殺されたあとも捜査本部に残り、Lとともにキラ事件の捜査を続けた。だ... 関連ページ:相沢 周市

警察庁の男性刑事。キラによる凶悪犯大量殺人特別捜査本部の一員。大柄な体格。キラによってFBIの捜査官が殺されたあとも、危険を承知で捜査本部に残る。また、警察がキラに屈した際も、自ら警察を辞職してLとと... 関連ページ:模木 完造

警察庁の男性刑事。キラによる凶悪犯大量殺人特別捜査本部の一員。キラによってFBIの捜査官が殺されたあとも捜査本部に残り、Lとともにキラ事件の捜査を続ける。第二のキラである弥海砂がさくらTVの生放送を使... 関連ページ:宇生田 広数

警察庁の男性刑事。キラによる凶悪犯大量殺人特別捜査本部の一員としてキラ事件の捜査にあたっていたが、Lを信用できず、捜査本部から外れた。その後は独自にキラ事件の捜査を行う。優秀な刑事だが、恋愛に疎い。 関連ページ:伊出 英基

民放放送局・さくらTVのディレクターである男性。視聴率至上主義で、ネタがなければガセでもいいから作れという考えの持ち主。キラ関連の報道を誇張して面白おかしく伝えていた人物で、第二のキラとなった海砂から... 関連ページ:出目川 仁

東応大学に通う女子大生。周囲から「ミス東大」と呼ばれるほどの美人。夜神月が海砂との接触をごまかすためのカモフラージュとして付き合った恋人のうちのひとり。のちに放送局・NHNの人気女子アナウンサーとなり... 関連ページ:高田 清美

FBI捜査官の男性。南空ナオミの婚約者。日本警察関係者、あるいはその身内にキラがいると考えたLの依頼を受け、極秘に日本に潜入したFBI捜査官のひとり。夜神総一郎とその家族の内偵調査などを担当し、夜神月... 関連ページ:レイ・ペンバー

レイ・ペンバーの婚約者の女性。3ヶ月前まではFBIの捜査官をしていた。女性でありながら異例の早さでFBI捜査官として採用された優秀な人物で、かつてLのもとで働き、「ロサンゼルスBB連続殺人事件」と呼ば... 関連ページ:南空 ナオミ

ヨツバグループの社員。将来の社長の座も有力視される若手エリート社員による死の会議のメンバーのひとり。死神・レムからデスノートを渡され、第三のキラとして活動する。自分の出世や金のためにデスノートの力を利... 関連ページ:火口 卿介

世界を股に掛ける詐欺師の男性。語学、心理学、人格変換術など あらゆる社交に必要なものを身に付け、必ずターゲットとなる人物に取り入ることが可能。Lに過去の罪を2度見逃されており、このことに強い恩義を感じ... 関連ページ:アイバー

裏世界のプロの女泥棒。いかなる鍵、金庫、セキュリティでも破り、潜入する事ができるスペシャリスト。Lの依頼を受けて来日し、アイバーとともにヨツバグループの内偵捜査を担当した。 関連ページ:ウエディ

ワタリが創設したイギリスの孤児院・ワイミーズハウスで、Lの後継者候補として育てられてきた少年のひとり。ニックネームはニア。Lに勝るとも劣らない天才で、高い知性と推理力を持つ。Lの後継者候補としては常に... 関連ページ:ネイト・リバー

ワタリが創設したイギリスの孤児院・ワイミーズハウスで、Lの後継者候補として育てられてきた少年のひとり。ニックネームはメロ。後継者候補のなかでは、ニアに次ぐナンバー2の位置にいた。常にニアの下に甘んじて... 関連ページ:ミハエル・ケール

検察庁西京都の検事である男性。京土大学法学部卒のエリート。母子家庭で育つ。幼い頃から物事の判断力に優れ、成績も優秀だった。世の中を善と悪の2つに分類しており、常に自らの正義を貫くと同時に、悪は削除され... 関連ページ:魅上 照

集団・組織

ヨツバグループ

『DEATH NOTE』に登場する企業。重工業からリゾート開発まで幅広い事業を展開し、国内外に30万人もの社員を持つ大企業。一部の若手幹部社員が「ヨツバの更なる飛躍」「世界最大の企業への発展」を目的と... 関連ページ:ヨツバグループ

Secret Provision for KIRA

『DEATH NOTE』に登場する組織。通称SPK。Lの正当な後継者であるニアを中心に、アメリカのFBIやCIAの捜査員などで構成されたキラ対策機関。Lの後を継いだ夜神月のことを信用しておらず、独自に... 関連ページ:Secret Provision for KIRA

その他キーワード

デスノート

『DEATH NOTE』に登場するノート。死神の持つノートで、名前を書いた相手を殺すことができる。ただし、殺すためには対象の名前だけでなく、顔を思い浮かべながら名前を書かなければならない。したがって、... 関連ページ:デスノート

死神の目

『DEATH NOTE』に登場する能力。死神と取引をすることで得られる能力で、自分の寿命の半分を失う代わりに、相手を見ただけで、その人物の本名を知ることができる。 関連ページ:死神の目

アニメ

DEATH NOTE リライト 幻視する神

容姿端麗、頭脳明晰な男子高校生夜神月は、表紙に「DEATH NOTE」と書かれた1冊のノートを拾う。このノートに名前を書かれた人間は死ぬということを知り、悪人を掃討して理想的な新世界を創ることを決意す... 関連ページ:DEATH NOTE リライト 幻視する神

DEATH NOTE リライト Lを継ぐ者

犯罪者をDEATH NOTEで殺害し続けるキラこと夜神月は、世界的な名探偵のLとの壮絶な頭脳戦の末、Lの殺害に成功する。警察庁に入庁してさらにキラとして活動を重ねていたが、Lの後継者として名乗りを上げ... 関連ページ:DEATH NOTE リライト Lを継ぐ者

SHARE
EC
Amazon
logo