エプロン姿が似合う美女10選756 Pt.

真の美女はエプロン姿でこそ、その美しさが映える!! 引き立つ!! そんな魅惑の美女10人を選んでここに紹介!!

エプロン姿が似合う美女10選

出典:Amazon.co.jp

概要

家庭的なイメージを醸し出すエプロン姿の美女に密かな想いを抱く人も多いハズ。そんなエプロン姿が似合う美女をここに10人選び抜き、一気に紹介する!! ご賛同あれ!!

『3月のライオン』 より 「川本あかり」

出典:Amazon.co.jp

主人公の高校生プロ棋士「桐山零」を影になり日向になり支える川本家3姉妹の長女。母親は早くに死別し、父親は他に女性を作って家を捨てた厳しい現実の中で、気丈に妹たちの面倒を見ながら家庭を支える姿には目頭が熱くなる。まだ23歳の女性には重い負担になっているはずが、決して悲観的にも感情的にもならず、妹だけでなく「桐山零」すら迎え入れる懐の広さにも心打たれ、自然と「川本あかり」を応援してしまっている自分がいる。料理が上手で食時内容に無頓着な主人公の心と身体と胃袋を見事に満たしているのも微笑ましい。金銭感覚もしっかりしていて、これ以上ない円満な家庭を築いてくれるであろう事は間違いない。あまりに理想的な家庭を守る主婦像として描かれていて、この物語の品の良さや質の高さにも貢献している。この見事な女性を落とす登場人物は現れるのであろうか、それも楽しみであるが、今のままでも何ら問題ない。今後も主人公と妹たちとこの物語を支えてくれる頼もしいキャラと言える。

『このはな奇譚』 より 「柚」

出典:Amazon.co.jp

この作品の主人公で温泉宿「此花亭」で仲居として日々忙しく働く姿を描く物語。実際は着物姿で奉公しているのでエプロン姿の描写は無いが、仕事柄からエプロン姿が似合うのは間違いない。そんな「柚」は人間ではなく、狐っ娘であり、この「此花亭」も人間ではなく神や妖怪など人あらざる者たちが訪れるこの世とあの世の間にある温泉宿であり、そのもてなし方も一筋縄では行かない。そんな不思議な宿の物語であり、「柚」の成長物語でもあるが、美しい映像と「柚」の健気な姿に魅了されるお薦め作品であるが、他の登場人物も魅力的で、そんな仲居さん全員でご奉公して欲しいと言う贅沢な気持ちにしてくれる。当然ながら現実の世界では不可能と言えるが、アニメでは毎週のようにこの宿に足を運ぶ疑似体験が出来るのでこれ以上の幸せな気分を味わえる事はない。観て損はない、いや観ないと損をする作品と言える。なお、マンガ原作では『此花亭奇譚』と少しタイトルが異なるので注意が必要。

『花咲くいろは』 より 「鶴来民子」

出典:Amazon.co.jp

主人公「松前緒花」が成り行きで務める事となった温泉旅館「喜翆荘」で先に調理場で働いている女子高生がこの「鶴来民子」で「たみこ」ではなく「みんこ」と読む。女性ながら板前に憧れ、この「喜翆荘」に住み込みで高校にも通いながら働いている。黒いストレートのロングヘアに男勝りでサバサバした性格で、高校では男女問わず人気が高い。しかし本人は早く板前として一人前になりたいと焦っていて、なおかつ同じ厨房で働く板前の「宮岸徹」に恋心を抱き、その葛藤の日々を送っている。主人公ほど明るくなく、不器用さもあって、やや不幸な事が先行しがちであるが、そこが薄幸の美女として映り、視聴者の心をくすぐり、人気も高くなっている。「ホビロン」と言う謎の言葉を発するのが特徴的であるが、特徴がありすぎて主人公に取って代わる存在になるほどの勢いもあったが、場の空気を読んで物語の後半では見事に主人公を立てる脇役としての自分の立ち位置を確立した優秀なキャラと言える。

『戦場のヴァルキュリア』より「アリシア・メルキオット」

出典:Amazon.co.jp

主人公「ウェルキン・ギュンター」が率いる「ガリア公国義勇軍第3中隊」の副官で偵察兵の任務をこなす19歳。赤いスカーフを巻いたツインテールの美女で、パン職人になる事を夢見ている。しかし、戦時下では軍服に身を包み、エプロン姿など想像だに出来ないが、終戦後、ウェルキンと共に夢を現実のものとし、パン屋を営み、そこで働くエプロン姿が真の姿と言えるだろう。家庭的な雰囲気で銃を持つ姿が似合わない「アリシア」であるが、この物語のカギを握る「ヴァルキュリア人」の末裔であり、この戦争の勝敗を左右する重要人物となり、その人生は大きく時代の流れの中で揺り動かされる。また、同じヴァルキュリア人の「セルベリア・ブレス」との直接バトルもこの物語の見所の一つで、戦記物語と格闘バトル作品を上手く融合した面白さも兼ね揃えている。元々はゲーム作品で、3部作あり、その最初の作品でゲームプレイヤーとしても登場する。アニメもこの1作目を舞台にしている。

『七つの大罪』より「エリザベス・リオネス」

出典:Amazon.co.jp

この作品のヒロインで主人公「メリオダス」に付き従う「リオネス王国」第3王女。右目が隠れるロングヘアと抜群のプロポーションを持つ16歳の美女であるが、この隠れた右目には秘密がある。優しさと明るさと器量の良さを持ち王女として申し分のない資質を持ちながらも王国の復興のために「メリオダス」に全てを託し、その全人生を捧げている。その健気な姿勢と行動には感嘆の念を禁じ得ない。一方の「メリオダス」はその気持を知ってか知らずかセクハラまがいの行為や時邪険に扱うことも多いが、最後の最後には「エリザベス」のために仲間と共に戦う姿を見れば、確かに信頼は厚くなる。なお、実は料理下手で「メリオダス」自身も皿を空にする事は出来ない壮絶なレベルであるが、その美しいエプロン姿で甲斐甲斐しく料理をする王女の姿を見たら誰も文句は言えない。いや、そのエプロン姿を拝見出来るだけで幸せな事である。贅沢を言ってはいけない。今後もこの作品の可憐な華として変わらぬヒロイン役を務めてもらいたい。

『たまこまーけっと』 より 「北白川たまこ」

出典:Amazon.co.jp

この作品の主人公で高校生。「うさぎ山商店街」にある餅屋「たまや」が実家で、たまにエプロン姿でお店を手伝っている。明るい元気娘で恋愛には疎いが世話好きで他人の恋愛事情には平気で介入して場をかき乱す。12月31日生まれで、誕生日を祝ってもらうよりも正月のお餅の準備が忙しいお店のためにお手伝いを優先する優等生でもある。この作品の中では意外とモテキャラでもあり、喋るトリ「デラ・モチマッヅィ」や幼馴染で同じ商店街で同じ餅屋「大路屋」の息子「大路もち蔵」や南の国の王子「メチャ・モチマッヅィ」などから好意を持たれている。なぜモテるのかは、いわゆる主人公補正なのかもしれないが、見ていて違和感が生じるものではなく、朝の国営放送のドラマのアニメ版と考えてみたなら納得も出来る。惜しむらくは、全12話の1クールだけの作品で、続編に期待したい所でもある。なお、この作品の舞台となっている「うさぎ山商店街」は架空の商店街であるが、モデルとなっている場所はあり、コアなファンはその場所を特定し、聖地巡礼も行っている。

『ニセコイ』 より 「小野寺小咲」

出典:Amazon.co.jp

主人公「一条楽」のクラスメイトで高校生。純和風の気弱な少女であるが、主人公が10年前に出会った運命の人ではないかと目される人物でもある。主人公が密かに気にしている人物でもある。実質的には両想いであるが、その互いの気持ちが表に出せない歯痒さと面白さがこの作品の持ち味にもなっている。実家は和菓子屋で母親が切り盛りしている。「小咲」もお店を手伝うが、料理は下手で、母親も諦めている。1つ年下の妹「小野寺春」も主人公と姉の間に割って入って二人の恋路を邪魔するが、最終的には良き理解者になる。強力な味方を付けつつもメインヒロインの「桐崎千棘」の存在感の大きさともう一人のライバルヒロイン「橘万里花」の読者人気の高さの前には後塵を拝する局面も多い不遇のキャラであるが、やはり両想いの強い絆を持つ者として最終的な勝者となっている。アニメ化もされ、原作の話数に比べて少ない話数しかないが、原作の美味しい所を抜粋しているのでアニメからこの作品を知るのも悪くない。

『甘々と稲妻』より「飯田小鳥」

出典:Amazon.co.jp

主人公「犬塚公平」は高校教師で5歳の娘「犬塚つむぎ」と暮らしている。主人公の妻で「つむぎ」の母である「犬塚多恵」は若くして病死する。「多恵」は料理上手だったので、主人公は娘のために自ら家庭料理の修行に挑む。そこに主人公の務める高校の生徒「飯田小鳥」の母親の小料理店「恵」の存在を知り、そこでお店の手伝いをしていた「小鳥」と「公平」による料理教室がとり行われ「つむぎ」に美味しい料理を振る舞う庶民派グルメ作品。ほのぼのとした物語の展開と詳しい調理方法と美味しい食べ方、そして時々発生する意外な展開と、上手い構成で幾らでも続きが読みたくなる。食欲と人情を刺激しつつ、「つむぎ」の成長や「公平」の今後や「小鳥」の将来が気になって仕方なく、続きが気になる。料理にも登場人物にも両方に感情移入できる貴重な作品でもある。アニメ化もされ、料理シーンが特に丁寧に描かれていて、自分でも料理がしたくなる。

『幸腹グラフィティ』 より 「町子リョウ」

出典:Amazon.co.jp

この作品の主人公で中学校から高校卒業まで成長している。同い年の友人「森野きりん」と「椎名」の3名が主人公の家で家庭料理を楽しみながら日常生活を描く4コママンガ作品で、必ずしもエプロン姿は多くないが、出来上がった料理の絵柄と食事のシーンには目を見張るものがある。また、料理上手だった祖母秘伝の調理方法を再現するエピソードが心打つものがあり、食事の大切さや貴重さも実感を持って感じ取れる。惜しむらくはマンガゆえに白黒画像なのが何とも歯痒く、口惜しい。しかし、この点も考慮して後半ではカラーページを採用するサービス精神も満載で好感が持てる。タイトルの「幸腹」のネーミングセンスにも感服する。そして4コママンガの読み易さもあり、良い意味で単行本を揃えたくなる商売上手な印象も受ける。アニメ化もされ、特に食事のシーンが強調されていて、観ていてお腹が空いてくる。深夜に視聴して食べすぎないように気をつけて欲しい。

『食戟のソーマ』より「田所恵」

出典:Amazon.co.jp

主人公「幸平創真」の同級生で料理人がその腕を磨く最高峰の超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に属し、更に主人公と同じ「極星寮」に住み、学園内の料理バトルに挑むツインの三つ編みおさげ髪が特徴的な牧歌的少女。田舎育ちを自称し、引っ込み思案で恥ずかしがり屋で不器用さもあるが、主人公に負けない料理に対する想いの深さと自分を超一流の学校へ導いてくれた田舎の仲間たちへの想いも相まって、その実力以上の料理を仕上げ、苦戦をしながらも数多くの勝利を手にしている。この作品ではヒロインとして「薙切えりな」と言う完璧美少女がいるが、純和風なエプロン姿が似合う女性としてはこの「田所恵」を強く推したい。まだまだ料理の腕も本人の美貌も発展途上で天井知らずな点も末恐ろしい。いずれ「薙切えりな」に代わってヒロインの座に就く逸材かもしれない。それを抜きにしても純粋に応援したくなる好感度の高いキャラと言える。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!