「機動戦士ガンダム」シリーズの“故あれば寝返る”奴ら549 Pt.

軍からの離反は銃殺刑が当たり前。そんなことはいざ知らず、自分の感情だけで戦況を掻き乱してきた「ガンダム」シリーズのキャラクター達を紹介する。

作成日時:2017-05-04 20:00 執筆者:マンガペディア公式

「機動戦士ガンダム」シリーズの“故あれば寝返る”奴ら

出典:Amazon.co.jp

概要

「機動戦士ガンダム」シリーズにおける自分の利益のため、好きな人のため、戦争が好きなため、様々な理由で軍を離反したものがいる。そのせいで戦況や、人間関係が大変なことに……。物語を荒らすだけ荒らした印象に残る裏切りキャラクターを紹介する。

『機動戦士ガンダム00』/「アリー・アル・サーシェス」

出典:Amazon.co.jp

『機動戦士ガンダム00』からは「アリー・アル・サーシェス」を選出。極度の戦争狂であり、自身でも「戦争が好きで好きでたまらない、人間のプリミティブな衝動に準じて生きる最低最悪の人間ですよ」と語っている。元々はテロ組織で活動し、モラリア共和国のPMC、AEUの外人部隊と組織を転々とし、最後はイノベイターの私兵となった。作中の中で最凶最悪の存在であり、主人公「刹那・F・セイエイ」の生い立ちを含む様々な事件に関与している。モビルスーツの操作に対しても優れており、その異常性、洞察力からもイノベイターである「リボンズ・アルマーク」から一目置かれている。その戦闘中の陽気さとゲスさからかなり人気の高いキャラクターでもある。

『機動新世紀ガンダムX』/「フロスト」兄弟

出典:Amazon.co.jp

『機動新世紀ガンダムX』からは「シャギア・フロスト」と「オルバ・フロスト」の「フロスト」兄弟を選出。兄弟同士で行われる「ツインズシンクロニティ」と呼ばれるテレパシーのような能力を有している。そのため、連邦軍でニュータイプの訓練を行っていたが、「フラッシュシステム」を使用することはできなかったため、「カテゴリーF」(紛い物)に分類され、ニュータイプと世界全てを恨む結果となった。あくまで自分たちの目的を達成することがメインであり、邪魔なもの、「カテゴリーF」と蔑む者は何らかの方法により殺害してきた。悪役ではあるが、兄弟同士の絆は深く、最終決戦の後は互いに助け合いながら生きていったところを見ると、何とも憎めない存在である。

『機動戦士ガンダムZZ』/「グレミー・トト」

出典:Amazon.co.jp

『機動戦士ガンダムZZ』からは「グレミー・トト」を選出。最初はいいとこの坊ちゃんのようなコミカルキャラとして登場するが、徐々に頭角を現し、物語終盤ではネオ・ジオンに反乱を起こすほどの勢力にまで拡大していった。「ハマーン・カーン」の手先である「オウギュスト・ギダン」を仲間に引き入れ、同じネオ・ジオン兵同士での戦いであるにも関わらず、見事兵士たちを統率したそのカリスマ性の高さは「ハマーン」以上と言うことになる。もちろん、「ハマーン」からしたら大変迷惑な話であり、これを機に「エゥーゴ」も大艦隊を送り込んだ。優勢であった「ネオ・ジオン」軍を壊滅的にまで追い込んだ張本人と言える。

『機動戦士Vガンダム』/「カテジナ・ルース」

出典:Amazon.co.jp

『機動戦士Vガンダム』からはネット上で三大悪女として名高い「カテジナ・ルース」を選出。序盤では、子供たちを戦争に参加させる「リガ・ミリティア」に嫌悪感を示すなど、常識のあるお嬢様といった感じであったが、敵の「クロノクル・アシャー」に誘拐されてからは「ザンスカール帝国」の理念に賛同し、徐々に人格が豹変していく。終盤では主人公の「ウッソ・エヴィン」がお姉さん系の女性に弱いところを利用し、「ネネカ隊」と呼ばれる女性で編成された部隊に、水着と無反動砲、ロケットパックを背負わせて出撃させるといった狂気に満ちた作戦を実行する。「ネネカ隊」たちはほぼ生身の状態で「Vガンダム」と交戦し、結果、「Vガンダム」に平手打ちをされたり、ビームサーベルで焼かれたり、散々な結果となった。これには流石の「ウッソ」も激怒し、「カテジナ」を殺そうとした。狂気に満ちた“悪女”として取り扱われることが多いが、全てを金で解決しようとする父親や浮気をする両親に嫌悪感を示し、その結果、潔癖症と戦争の影響により豹変したとされる。どちらにしろ、13歳の少年「ウッソ」にとっては、あまりにもショックが強すぎるキャラクターであった。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』/「ニナ・パープルトン」

出典:Amazon.co.jp

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』からはこちらも三大悪女として名高い「ニナ・パープルトン」を選出。「アナハイム・エレクトロニクス社」の社員として「ガンダム開発計画」のエンジニアを務めていた。本作のヒロインであり、序盤は主人公「コウ・ウラキ」と険悪な仲であったが、ストーリーが進むにつれ、親密な関係となる。だが、最終局面において元彼である敵に寝返り、あろうことか主人公を拳銃で撃ってしまう。これまで紹介したキャラクターたちとはまた一線を画す存在であることが見て取れるだろう。「コウ」にとっても、視聴者にとっても、多大なるダメージを負わせ、強烈な印象を残していったキャラクターだ。

『機動戦士ガンダムSEED』/「アスラン・ザラ」

出典:Amazon.co.jp

『機動戦士ガンダムSEED』からは「アスラン・ザラ」を選出。あまり裏切りのレッテルが印象に残っていないかもしれないが、第2主人公であるにも関わらず、これまで紹介してきた中でもぶっちぎりな経歴を持っている。そもそも「ザフト」の軍であった「アスラン」は、主人公「キラ・ヤマト」と対立するが、後に和解し「地球連合」から離脱した「三隻同盟」へと参戦した。この戦争終結後、なんともう一度「ザフト」の軍に復帰した彼は、不穏分子として抹殺されることを聞き、もう一度ザフトを離反、「オーブ軍」へと鞍替えした。成り行きとは言え、一度離反した軍にもう一度復帰するのは類を見ないケースであり、本来軍からの離反は銃殺刑に処される重罪である。特例中の特例を出されたにも関わらず、「シン・アスカ」との対立、「キラ」との接触により不穏分子と判断されるのは、一度離反した経歴からしても仕方のないことだろう。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』/「シーマ・ガラハウ」

出典:Amazon.co.jp

同じく『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』から2人目「シーマ・ガラハウ」を選出。そのカリスマ性と姉御気質から、悪役であるにも関わらず非常に人気の高いキャラクターとなっている。スペースコロニーへの毒ガス(G3ガス)を注入した過去を持っており(本人は催眠ガスと聞かされていた)、これがトラウマとなって軍にこき使われることを嫌うようになった。「故あれば寝返るのさっ!」の名言の通り、自分に利益となる方に味方する性格ではあるが、過去の経緯により、“悪”そのものではないとされ、ネット上で評される三大悪女や裏切りキャラクターからは徐々に遠ざかってきた。だが、その印象の強さから必ず候補には上がってくる人気キャラ。なんとなく、三大悪女、裏切りキャラの候補として登場しないと、寂しく感じてしまう存在だ。

関連ガイド

ランキング

家がお金持ちの美少女キャラクター7選

家がお金持ちの美少女キャラクター7選

  • 542 Pt.
  • 公開日時:2017.11.19 08:00
美魔女が登場するアニメ7選!!

美魔女が登場するアニメ7選!!

  • 503 Pt.
  • 公開日時:2017.11.12 22:00
読書の秋!小説が原作のアニメ5選

読書の秋!小説が原作のアニメ5選

  • 429 Pt.
  • 公開日時:2017.11.18 18:00

もっとみる

ピックアップ

発売即重版!『空っぽのやつでいっぱい』に注目!!

発売即重版!『空っぽのやつでいっぱい』に注目!!

タクシードライバーの日常物!? 『夜明けのタクシードライバー』3巻配信中!!

タクシードライバーの日常物!? 『夜明けのタクシードライバー』3巻配信中!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!