少女たちの下ネタバイブル『スイッチガール!!』365 Pt.

聞きたくても聞けなかった女子の生態と性について描かれた作品、あいだ夏波『スイッチガール!!』を紹介する。

作成日時:2016-07-29 14:00 執筆者:マンガペディア公式

『スイッチガール!!』とは

少女マンガであるが、内容は少女の裏側と言っても良いほどの女子下ネタ連発。少女の裏の部分に光を当てた作品。
はっきりとは言いにくいが、聞きたくても聞けなかった内容などが盛り込まれている。
マンガ作品に限らず、作者のあけっぴろげな女子の生活の暴露に下ネタに悩む読者の相談など、コミック枠外に紹介したりしている。
そのため、少女や女性に夢をみている男性には衝撃が強く、10代から30代前半の男性には人気がなかったという……。
外国の女性マンガファンからは、『スイッチガール!!』により、友人には聞けなかった下ネタを話せるようになり救われたとの話しもある。
その後の話しの展開より、OFFガールと並び、「ヲタガール」という影で腐女子という女子高生も登場する。

内容は、ハードで苦しい設定もありつつ、持ち前のギャグで読者の意表をついた笑える方法で解決していく。
どこかエロいが、なんだか笑えて下品。
女性のエロ本と言っても過言ではない。女性の性に対して、見られたくない部分にも真っ向から向き合ってくれている作品である。
作者自身は、読者のウケを最優先にした結果でそこまであけっぴろげに作ってしまい、多少気まずい気持ちもあるようだ。

2011年にフジテレビTWOで実写ドラマ化され、続編も制作された。
集英社 マーガレットにて連載、コミックは全25巻。完結。

あらすじ

田宮 仁香は都内私立大学付属高校に通い、読者モデルなどもしているカリスマギャル。しかし、それは彼女のONの姿。
自宅では髪の毛が顔にかからないように、ヘアバンドをしサザエさんのように髪の毛をゴムで結び、古いヨレヨレのパンツをはき、ジャージを来てメガネをかけ、自堕落な生活を送っているOFFの姿を持つ「スイッチガール」だった!!
本当の姿は学校のみんなには秘密。
自宅は都心からも、最寄り駅からも遠く、家から徒歩1分のところにあるスーパーまではOFFモードテリトリー。
そのスーパーでOFFの姿のまま、ビン底メガネの男に、きゅうりつめ放題で極限まできゅうりを詰める方法を伝授するが、そのビン底メガネ男は転校してきた実はイケメンの神山 新だった−−−!!
トイレでシメられていた神山を、自分の実体に気がつくのを恐れながら救出するが、すぐにバレてしまう!?
周りに正体をバラされ、仁香のカリスマギャル人生は終わってしまうのか−−−!?

キャラクター

田宮 仁香(たみや にか)

17歳・B型・163cm。細みの巨乳。都内の中堅私立大学付属高校に通う高校2年生。巻き髪がキュートなカリスマギャルとして知られている。読者モデルもしているので、超有名な高校生。成績は実技教科(体育・美術・音楽・家庭科など)は「5」だが、その他がすこぶる悪い赤点女。
熱い性格で、正義感が強く、得意技は回し蹴り。小学生の頃のあだ名は「大仁田」(プロレスラー 大仁田 厚からきている。)
ONモード:メイクばっちり!! 制服ばっちり!! モテオーラ前回のカリスマギャル。
OFFモード:クサヤ、塩辛、モツ煮などのウマクサい食べ物が大好物。「安全日パンツ」と命名した、誰にも見られることのない日にはく、はきふるして生地が透けていて、おへそまで隠れる綿100%の糸もほつれ伸びきったパンツを愛用している。気心がしれてくると、平気でおしりを上げておならをする。
ON/OFFを切り替えて快適な高校ライフを送っている。面食い。付き合うとボロが出て今まで全部フラれている。
仁香がスイッチガールになったのは、小学生の時にした恋愛がきっかけである。

神山 新(かみやま あらた)

17歳・178cm。仁香と同じクラスに転校してきた、メガネ君。実はイケメン。同じマンションの3階に引っ越してきた。女子にモテたくないので、イケメンであることは周りには秘密。
父親と2人暮らしのようであるが、父親は仕事で常にいない。女嫌い。成績優秀で、実技教科も難なくこなす。口ベタで寡黙な性格だが、仁香をからかう時だけよくしゃべる。イケメンを隠すのも女嫌いなのも、家庭環境に理由がある??

二ノ腹 涼子(にのはら りょうこ)

通称:ニノ。仁香の幼稚園来の幼なじみで親友。仁香と違い、冷静で知的で寡黙。成績優秀。体育などの実技が苦手。唯一、仁香の正体を知る存在。
エロとはかけ離れた存在にもかかわらず、あらゆる魔の手がニノに飛びかかっていくが……。

城ヶ崎 麗香(じょうがさき れいか)

通称:ボスザル。仁香のライバル的存在。カリスマギャルとして人気の仁香をライバル視している。面食いで容姿端麗だが、男運がない。
常に仁香とバトルを繰り広げるが、のちに戦友となっていく。手下がおり「リーダー」と呼ばれている。自宅は大豪邸でお金持ち。

樹本 大(きもと ひろし)

通称:キモ。仁香のクラスメート。見かけが出っ歯でメガネをかけている。気持ち悪いから「キモ」なのかと思いきや、名字「樹本」からとった愛称。新が転入してきてからは成績主席の座を奪われている上に、新がビン底メガネをかけていたために、「メガネ」という愛称まで奪われ、「キモメガネ」に名称変更させられた。新を主席の座から引き摺り下ろそうと企むが……。

広田 正宗(ひろた まさむね)

渋校に通う高校2年生。自信家でイケメンだが、ヤバいこともたくさんしている、危険な存在。趣味はカップル潰し。
女友達と仁香と新の仲を引き裂く計画を企てるが、仁香のありえない攻防で失敗。その後も策略を企てるが、仁香に好意を持ち始め……。

木崎 明花(きざき めいか)

渋校1年。小柄で外見がものすごくかわいく、女の子らしい雰囲気。仁香のファンだと言って近づいてくるが、何やら裏がありそう……。広田 正宗と仲良し。SM女王気質。

田宮 リカ(たみや りか

仁香の姉。大学生。仁香に容姿がそっくり。姉妹でスイッチガール。

田宮 千鶴(たみや ちづる)

仁香の母。47歳。生粋の日本のオバチャン。綾小路きみまろ好き。生理は終わった。
元祖スイッチガール。若かりし頃は、仁香とリカと同じような容姿だったが、長年OFFで生きてきた為に、仁香の友人が遊びに来た時は、顔のみ20秒しかONに変わることができなくなった。仁香とリカを引き連れて、スーパーの値引きおつとめ品を狙っている。

田宮 賢治(たみや けんじ)

仁香の父親。大人しく、温厚な性格。家族思いで、優しいお父さん。家族が厚かましいOFF姿で闊歩していても、家族が楽しそうであれば幸せ。
動物に懐かれる。

公式サイト


いわゆる女子高モノの女子の実態とはまた違った、赤裸々な女子たちの悩みやリアルがあるので、女子に夢を抱いている人にはおすすめしない作品だ。
だが、思春期の女子には共感できるところも多く、悩みの解消の手助けにもなる作品だ。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!