ガッツ

ガッツ

ベルセルク(漫画)の主人公。別称、黒い剣士。グリフィスとはライバル関係。

登場作品
ベルセルク(漫画)
正式名称
ガッツ
ふりがな
がっつ
別称
黒い剣士
関連商品
Amazon 楽天

概要

長身で筋骨隆々とした隻眼隻腕の剣士。失った右腕には大砲の仕掛けがある義手とボウガンを装備。武器として自身の身長ほどの鉄塊としか表現しようのない大剣・ドラゴンころしを使用し、膂力に任せた一撃で眼前の敵を粉砕する。黒い鎧を身に纏っており、その異様な風貌から黒い剣士とも呼ばれている。

かつては傭兵集団・鷹の団の切り込み隊長として名を馳せた剣士だったが、ライバルでもあり友でもあった鷹の団団長のグリフィスに儀式・蝕の生贄・贄として捧げられ、首筋にその印である烙印が刻まれた。蝕では団員のほとんどが使徒と呼ばれる怪物に食い殺され、ガッツ自身も右目と右腕を失う大怪我を追う。

しかし乱入してきた髑髏の剣士に助けられて蝕から生還。しかしそれからは夜な夜な襲い来る使徒や死霊といった怪物たちと戦い続ける日々を送ることとなる。その胸中にあるのは使徒を統べる者・ゴッドハンドのフェムトと化したグリフィスへの復讐だったが、同じく蝕を生き延びながらも心を閉ざして幼児退行してしまったキャスカを怪物たちが侵入できない安住の地・妖精(エルフ)の国・エルフヘルムへ届けるために復讐を断念。

新たな仲間たちを得て長き旅を続けている。

関連人物・キャラクター

グリフィス

傭兵集団・鷹の団の団長。幼き日に夢見た自身の国を得るという夢を叶えるために鷹の団を結成した。大国・ミッドランド王国に肩入れし、隣国のチューダー帝国との百年戦争で休戦協定を結ばせるほどに活躍。貴族となり... 関連ページ:グリフィス

イシドロ

クシャーンの斥候部隊に襲われていたところをガッツに助けられた少年。剣一本での成り上がりを夢見ており、技を盗むためにガッツを追った。剣技はまだ未熟だが投石の腕前は一流で、百発百中の技の冴えを見せる。断罪... 関連ページ:イシドロ

関連キーワード

ドラゴンころし

『ベルセルク』に登場する武器。ガッツが使用する刃の全長が身の丈ほどもある鉄塊のような大剣。ガッツとは旧知の鍛冶職人のゴドーが若い頃に打ち上げた。あまりにも巨大な武器のため、ガッツは背に袈裟懸けに背負って携帯。魔物たちを斬り続けたことで鍛え上げられ、禍々しい力を宿しつつある。

狂戦士の甲冑

『ベルセルク』に登場する防具。鉱精(ドワーフ)が作ったとされる禍々しい気を感じさせる漆黒の鎧兜。霊樹の館に保管してあり、魔女・フローラよりガッツに託された。荒ぶる気の流れに同調することで、甲冑を纏った... 関連ページ:狂戦士の甲冑

鷹の団

『ベルセルク』に登場する組織。物語の序盤から登場する傭兵団・鷹の団と、それが壊滅したのちに新たに編成された、ミッドランド王家直属の正規軍の新生鷹の団のふたつが存在する。前者はまだ人であった頃のグリフィ... 関連ページ:鷹の団

登場作品

ベルセルク

世界観全体的な世界設定本作の舞台は機械的な文明がそれほど発達していない中世ヨーロッパのような世界観がモデルとなっており、石造りの建物や深く広大な新緑の森、切り立った山々などが頻繁に描写されている。人々... 関連ページ:ベルセルク

SHARE
EC
Amazon
logo