キテレツ大百科

発明好きな少年が作り出す発明品と相棒のロボットを中心に、その周りで起こる騒動と冒険を描いたSFコメディ。

  • キテレツ大百科
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
キテレツ大百科
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
レーベル
てんとう虫コミックス(小学館) / 藤子・F・不二雄大全集(小学館)

総合スレッド

キテレツ大百科(漫画)の総合スレッド
2016.04.22 15:52

新着関連スレッド

みよちゃん(キテレツ大百科)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:35
キテレツ斎(キテレツ大百科)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:35

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」名古屋で開催!
マンガペディア公式 2016.05.13 18:00

概要

発明好きな少年木手英一はある日、父から御先祖様が書き記したという奇天烈大百科を譲り受ける。一見すると何も書かれていない古い冊子だったが、付属していた眼鏡で覗くとそこには、御先祖様の驚くべき発明品の数々が書かれていた。早速英一はその設計図を基に、助手のロボットコロ助を制作するのだった。発明好きな少年が作り出す発明品と相棒のロボットを中心に、その周りで起こる騒動と冒険を描いた一話完結型のSFコメディ。

アニメ化の際、『新キテレツ大百科』という作品が描かれたが、こちらは作画を藤子プロの田中道明が担当している。

登場人物・キャラクター

主人公
サンバイザーに眼鏡がトレードマークの小学生。機械いじりや工作が大好きで、作業を始めると時間を忘れて没頭してしまう。物語冒頭では独学でロボットを制作して失敗していたが、父から奇天烈大百科を譲り受けて以降...
主人公
奇天烈大百科の設計図を基に、木手英一によって作られたロボット。自分の意思をもって行動する。1.5頭身で、ゴムまりを材料にした丸い頭と丁髷がトレードマークで、セリフの最後に「ナリ」を付けるのが特徴。英一...
木手英一の先祖で江戸時代の大発明家。自身の発明品の設計図を奇天烈大百科に書き残す。リリエンタールよりも32年早くグライダーを発明し、山の峰から約6km半飛んだと伝えられている。しかし彼のあまりに進んだ...
英一のクラスメイトの女の子。英一は密かに思いを寄せている。
英一のクラスメイトの男の子。体格がよく、喧嘩っ早い、ガキ大将的存在。
英一の隣の家に住んでいる浪人生。ビン底メガネと学生服がトレードマーク。大学合格のために、寝る間を惜しんで勉強している。しかし、そのあまりのゆとりの無さに英一は、発明品を使って手助けするのだった。
英一の父親。帰省した際に持ち帰り、その後物置に仕舞いっぱなしにしていた奇天烈大百科を英一に譲り渡す。英一の発明好きな性格に理解があり、才能を伸ばしてやろうと制作費の協力をしてくれることも。
英一の母親。英一のパパとは違って現実的で、いたって普通の主婦。発明に夢中になりすぎる英一に、いつも小言をいっている。しかし、家電製品が壊れた時などは英一に頼ってしまう。

その他キーワード

キテレツ斎が書いた、自身の発明品の設計図をまとめた冊子。全四冊。一見すると何も書かれていない冊子だが、目に見えない光を発するインクで書かれており、付属の神通鏡を通さないと読むことができない。
奇天烈大百科に付属していた眼鏡。耳にかける部分が、現代のようなツルではなく、ひもになっているのが特徴。この眼鏡を通さないと奇天烈大百科は読むことができない。この事実に気付いて以降、英一は常にこの眼鏡を...
奇天烈大百科の設計図を基に作られた発明品の一つ。木製で、亀のような形をした潜水艦。中には数人乗り込むことができる。船体自体は操縦系統の装置が付いるだけだが、水から酸素を発生させる薬品と組み合わせて使う...
奇天烈大百科の設計図を基に作られた発明品の一つで、所謂タイムマシン。外装は木製で、操縦席の付いた四角い台座型をしている。この機械を使って英一とコロ助は過去へと旅をするが、故障により帰れなくなってしまう...
奇天烈大百科の設計図を基に作られた発明品の一つ。外装は木製で、大きなボールに足が付いた形をしている。乗り込んで中から操縦する。物質の分子の隙間を通り抜けることができ、壁、天井、地面等関係なく、自由自在...
奇天烈大百科の設計図を基に作られた発明品の一つ。出入口となる穴を作るためのテープと、ベルトバックル型の起動スイッチをセットで使う。テープで囲んで作った二つの穴を、空間を超越してつなぐ道具。一度目的地へ...

アニメ

発明が趣味な小学5年生の木手英一ことキテレツは、ご先祖の残した「奇天烈大百科」を発見し、記載通りのからくり人形をさっそく作ってみることにする。
発明が趣味である小学5年生の木手英一ことキテレツは、ご先祖の残した「奇天烈大百科」を発見し、記載通りのからくり人形ロボットをさっそく作ってみることにする。