サウザー

北斗の拳(テレビアニメ)の登場人物。ラオウとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(テレビアニメ)
正式名称
サウザー
ふりがな
さうざー

総合スレッド

サウザー(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

南斗聖拳最強の流派南斗鳳凰拳の使い手。南斗六星のうち他者を省みず己のみを頼りとする帝王の星の宿命をもつ。防御の構えをとらず前進、圧倒するのが基本戦法。養親でもある師を自らの手で殺す継承の試練を経験したことで愛情を捨てた。

聖帝と自称し、自軍の支配下に置いた人々へ苦役を課している。北斗の技が通じない肉体の秘密をもち、ラオウさえも警戒する男。

登場人物・キャラクター

世紀末の覇者、拳王を名乗る男。北斗の先代伝承者が養子にとった4人の後継者候補の長兄。トキとは実際の血縁がある。その野心を恐れて拳を封じようとしてきた師を殺害し、乱世の頂点に立つべく大軍を率いて各地へ侵...

関連キーワード

『北斗の拳』に登場する集団。108の流派がある南斗聖拳を統括する、特に有力な6流派とその伝承者たち。天帝の門の守護者とも言われる。六聖拳それぞれが己の生き様を定める星を宿命づけられており、南斗六星とも...
『北斗の拳』に登場する拳法。象徴は南十字星。一子相伝の北斗に対して南斗は総勢108流派あり、戦闘スタイルはシンプルに拳のみを使うものから砲台を使って空中へ飛び上がるものまで多種多様。外部からの破壊を主...

登場作品

199X年、核戦争で人類社会は瓦解。食糧と水をめぐり強者が弱者を暴力で虐げる地獄が地上を覆った。そこへ最強の暗殺拳・北斗神拳の使い手ケンシロウが現れ、かつて恋人をさらった宿敵・シン率いるKING軍など...