フランシス・ボーモン

黒博物館スプリンガルド(漫画)の登場人物。

  • フランシス・ボーモン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黒博物館スプリンガルド(漫画)
正式名称
フランシス・ボーモン

総合スレッド

フランシス・ボーモン(黒博物館スプリンガルド)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

眼鏡を掛けた男性。准男爵の長男で、広大な屋敷で機械工学の研究をしている。オックスフォード大学機械工学科を卒業。ウォルター・デ・ラ・ボア・ストレイドを敬愛しており、彼の傍若無人で悪質なイタズラの数々を、技術面から後押ししていた。バネ足ジャックの四肢を作ったのも彼である。

三年ぶりに街に現れたバネ足ジャックの真犯人であり、女性を無差別に殺傷している。また、ウォルターが軟化したのは、彼がマーガレット・スケールズに出会ったのが原因であると考えており、昔のウォルターを取り戻すためマーガレットを殺害しようと計画する。

登場人物・キャラクター

アイルランドとイングランドに広大な領地を持つ有力侯爵。オックスフォード大学を卒業。「あきゃきゃきゃ」という特徴的な甲高い笑い声を発する。かつて、侯爵としての地位、人脈、金を存分に使って、傍若無人で悪質...

登場作品

1837年10月11日。ロンドンの街にとある通り魔が現れた。その男は、夜な夜な一人歩きをする女性の前に現れては、するどい爪で脅し、「あきゃきゃきゃ」という甲高い笑い声を上げながら、バネの付いた足で跳び...