マーガレット・スケールズ

マーガレット・スケールズ

黒博物館スプリンガルド(漫画)の登場人物。

登場作品
黒博物館スプリンガルド(漫画)
正式名称
マーガレット・スケールズ
関連商品
Amazon 楽天

概要

右目に泣きぼくろのある黒髪の女性。ストレイド家の客間(パーラー)メイドを3年前から務めている。優しくかつ気丈な性格で、3年前にバネ足ジャックに襲われた際も、怯むことなく寧ろ彼を諭そうとした。弁護士のヘンリー・シェルビーと婚約しており、近々結婚式を挙げる予定である。

貧しい牧師の娘であり、幼いころ疫病で両親を失っている。その後の救貧院での劣悪な暮らしが祟って高熱を患い、後遺症で足が不自由になってしまった。バネ足ジャック事件の犯人がウォルター・デ・ラ・ボア・ストレイドであることは知らず、あてのない彼女をストレイド家に置いてくれたウォルターには心から感謝している。また、ウォルターも彼女に好意を抱いており、彼女の前ではしおらしくなってしまう。

関連人物・キャラクター

ウォルター・デ・ラ・ボア・ストレイド

アイルランドとイングランドに広大な領地を持つ有力侯爵。オックスフォード大学を卒業。「あきゃきゃきゃ」という特徴的な甲高い笑い声を発する。かつて、侯爵としての地位、人脈、金を存分に使って、傍若無人で悪質... 関連ページ:ウォルター・デ・ラ・ボア・ストレイド

登場作品

黒博物館スプリンガルド

1837年10月11日。ロンドンの街にとある通り魔が現れた。その男は、夜な夜な一人歩きをする女性の前に現れては、するどい爪で脅し、「あきゃきゃきゃ」という甲高い笑い声を上げながら、バネの付いた足で跳び... 関連ページ:黒博物館スプリンガルド

SHARE
EC
Amazon
logo