ミャク釣り

釣りキチ三平 平成版(漫画)に登場する、日本古来から伝わる釣りの技法のひとつ。読みは「みゃくづり」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
釣りキチ三平 平成版(漫画)
正式名称
ミャク釣り
ふりがな
みゃくづり

総合スレッド

ミャク釣り(釣りキチ三平 平成版)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

渓流釣りで使われるしかけで、魚がヒットしたことを報せる浮きがなく、最小限のものしかつけない、シンプルなしかけ。道糸(ライン)についたマーカーの動きと、手に伝わる感触、つまり「脈」でアタリを取ることから、「ミャク釣り」と呼ばれているという説がある。

三平三平は、鮎川魚紳にフライフィッシングを教えてもらうまで、ヤマメを釣る時はミャク釣り一辺倒だったが、フライフィッシングの楽しさに触れてからは、もっぱらフライでヤマメ釣りをしている。

登場作品

自然の残る秋田の山間の村に住む主人公の三平三平は、釣りになると目の色が変わる釣りキチ。釣竿職人で三平の釣りの師匠でもあった祖父の三平一平が亡くなった後も、保護者代わりとなった鮎川魚紳や村人みんなに助け...