中御門 喬美

中御門 喬美

渕となりぬ(漫画)の登場人物。読みは「なかみかど たかはる」。別称、白楊大夫。

登場作品
渕となりぬ(漫画)
正式名称
中御門 喬美
ふりがな
なかみかど たかはる
別称
白楊大夫
関連商品
Amazon 楽天

概要

白楊座大夫。手猿楽から始め、母の実家の堺の豪商からの潤沢な資金を得て、腕自慢が集まり白楊座を作った。三枝羽角の才を認め、同じ土俵で競いたいと願うが、奇をてらう演出を「見せ物」と詰り、思いがすれ違う。志半ばにして肺の病にかかり療養しているところを賊に襲われ、を庇い絶命。

関連人物・キャラクター

三枝羽角

『渕となりぬ』の主人公の1人。三枝座の大夫三枝豊前の次男。「夏栄(かえい)」と名付けられるはずだったが、母の妊娠中に浮気をした三枝豊前が羽の生えた角のある蛇に襲われる夢を見て、「羽角」と名付けられた。... 関連ページ:三枝羽角

関連キーワード

白楊座

『渕となりぬ』に登場する、能楽座の一つ。白楊大夫と呼ばれるカリスマ的座頭の元に、腕自慢が集まり作られた堺出身の一座。河内の国安楽寺での勧進能に割り込み、三枝座と立合能を行い話題となる。 関連ページ:白楊座

登場作品

渕となりぬ

室町時代末期、三枝座の大夫の次男三枝羽角は、白楊座との立合能を経験し、伝統だけではなく創作能の実現に心思いを馳せる。父の後妻の連れ子乙輪の舞に天賦の才を感じ、伝統能に優れた白楊座に預けるが、乙輪を失い... 関連ページ:渕となりぬ

SHARE
EC
Amazon
logo