味いちもんめ~にっぽん食紀行~

味いちもんめ~にっぽん食紀行~

東京、京都など日本料理の老舗で修業を積み、神楽坂の料理店「楽庵」の雇われ店長となった板前・伊橋悟。更に日本料理を極めるため、全国行脚に出ることになった彼が、各地をまわって様々な食材に触れる姿を描く。原案はあべ善太だが、『味いちもんめ』連載中に逝去。本作のシナリオは福田幸江が担当している。

正式名称
味いちもんめ~にっぽん食紀行~
原作者
福田幸江
作者
ジャンル
料理人一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京の「藤村」「桜花楼」「SAKURA」「割烹 飯塚」、京都の「さんたか」など数々の名店での修業を経て、神楽坂の料理店「楽庵」の雇われ店長となった板前・伊橋悟。しかし彼はそこで満足することなく、日本の食文化をさらに極めるべく、料理評論家の山賀や、「楽庵」の社長拝島の薦めもあり全国行脚の旅に出ることになる。

手始めに出かけたのは、「SAKURA」時代の後輩・早瀬の実家「雪月樓」のある石川県金沢市。人手が足りない雪月樓で追い回しとして調理場を手伝いながら、当地の食に触れていく。

登場人物・キャラクター

主人公

日本料理の板前。神楽坂の料理店「楽庵」の雇われ店長。東京の「藤村」「桜花楼」「SAKURA」「割烹 飯塚」、京都の「さんたか」など、様々な名店で修業した腕は評価が高い。また、その料理にかける情熱や前向... 関連ページ:伊橋 悟

石川県金沢市の老舗料理店「雪月樓」の大女将を務める初老の女性。伊橋悟が「SAKURA」に務めていたときの後輩・早瀬の祖母。気丈だが、細やかな気遣いのできる人物。表立っては言わないが、孫の早瀬辰之助の心... 関連ページ:小百合

石川県金沢市の老舗料理店「雪月樓」の総料理長を務める初老の男性。“助”として板場の手伝いをするために訪れた伊橋悟の面倒を見る。大女将小百合の孫である早瀬辰之助を可愛がっていた模様で、伊橋悟から成長を聞... 関連ページ:市田

石川県金沢市の老舗料理店「雪月樓」の仲居頭を務める初老の女性。金沢に着いたばかりの伊橋悟と偶然出会い、金沢市の観光案内をした。大女将小百合の孫である早瀬辰之助を可愛がっていた模様で、伊橋悟から成長を聞... 関連ページ:真咲

石川県金沢市の老舗料理店「雪月樓」の板場で三番を務める青年。煮方を担当している。能登地方の出身で、強い郷土愛の持ち主。やや突っ張った印象を人に与える言動だが、後輩の稲峰や周囲の人々のことを気にかけてい... 関連ページ:小茂根

石川県金沢市の老舗料理店「雪月樓」の板場で追い回しをしている青年。4人ほどいた後輩が次々に辞めてしまったため、勤めて3年目であるにも関わらず、雑用に追われている。やや内向的な性格。同じく追い回しとして... 関連ページ:稲峰

石川県金沢市出身の男性。金沢の寿司居酒屋の常連客。地元愛が強く、旬の食材に強いこだわりを持っている。隣の席に座った伊橋悟と稲峰に食材の薀蓄を語る。 関連ページ:河西

石川県金沢市の老舗料理店「雪月樓」の板場で二番を務める男性。料理好きな伊橋悟を気に入り、“助”ではなく、本格的に働いてくれればと願う。 関連ページ:酒田

神楽坂の料理店「楽庵」に勤める青年。伊橋悟が旅に出ている間、代わりに店長を務めている。今まで関わってきた店舗がつぶれてしまった経験から、自分に自信が無い。 関連ページ:秋津

神楽坂の料理店「楽庵」に勤める青年。口がやや悪く、店長代理を務める秋津にタメ口を使っては稲月に怒られている。 関連ページ:啓介

神楽坂の料理店「楽庵」に勤める女性。新潟出身。店長・伊橋悟不在で、ぎくしゃくしている店の雰囲気を不安に思っている。 関連ページ:稲月

神楽坂の料理店「楽庵」に勤める青年。元は「桜花楼」に勤めていた。店の中では年少だが、意志が強い。自信を失くしている秋津にはっぱをかける。 関連ページ:青田

僧侶の青年。伊橋悟とは彼が京都で修業していたときからの知り合い。ナンパな性格の、いわゆる生臭坊主。永平寺で再会し、伊橋悟を京都へ連れて行く。 関連ページ:

福井県にある天野調理専門学校の理事長を務める初老の女性。「雪月樓」の見習いにする学生を探しに来た伊橋悟と轟に、福井の名産品を使った精進料理のコースを振舞う。 関連ページ:天野 祥子

クレジット

原作

福田幸江

SHARE
EC
Amazon
logo