大都市のカリル将軍

将国のアルタイル(漫画)の登場人物。読みは「だいとしのかりるしょうぐん」。別称、シエヒル・カリル・バシャ。

  • 大都市のカリル将軍
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
将国のアルタイル(漫画)
正式名称
大都市のカリル将軍
ふりがな
だいとしのかりるしょうぐん
別称
シエヒル・カリル・バシャ
別称
カリル将軍

総合スレッド

大都市のカリル将軍(将国のアルタイル)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

12年前の戦争を止められなかった当時から十三将軍(ヴェズイール)であった退官間近の人物。優しげな好々爺然とした風貌に、「君」「ボク」といった優しげな口調の穏健派。12年前の戦争で孤児となったマフムートを拾って、将軍(バシャ)になりたがった彼にその教育を受けさせたため慕われている。

とは言え、職務上はマフムートが将軍になってから初めて親身な話をするようになるところを見ると、公私混同はしない立派な人物。

登場人物・キャラクター

12年前の戦争で母親を亡くし、5歳でカリル将軍に拾われる。放鷲術(ヨル)を得意とするトゥグリル族出身だが、故郷は12年前の戦争で焼け野原になった。その記憶がマフムートに戦争を忌避させ、戦争を止めるため...

登場作品

トルキエ歴75年、帝国歴451年、白砂糖月(シエケル)、後にメルリアナ大戦と呼ばれる戦火を引き起こす高度に政治的な事件が起こった。そのとき初めて将軍会議(デイワーン)に参加することになった主人公犬鷲の...