大都市のカリル将軍

大都市のカリル将軍

将国のアルタイル(漫画)の登場人物。読みは「だいとしのかりるしょうぐん」。別称、シエヒル・カリル・バシャ。

登場作品
将国のアルタイル(漫画)
正式名称
大都市のカリル将軍
ふりがな
だいとしのかりるしょうぐん
別称
シエヒル・カリル・バシャ
別称
カリル将軍
関連商品
Amazon 楽天

概要

12年前の戦争を止められなかった当時から十三将軍(ヴェズイール)であった退官間近の人物。優しげな好々爺然とした風貌に、「君」「ボク」といった優しげな口調の穏健派。12年前の戦争で孤児となったマフムートを拾って、将軍(バシャ)になりたがった彼にその教育を受けさせたため慕われている。

とは言え、職務上はマフムートが将軍になってから初めて親身な話をするようになるところを見ると、公私混同はしない立派な人物。

関連人物・キャラクター

犬鷲のマフムート将軍

12年前の戦争で母親を亡くし、5歳でカリル将軍に拾われる。放鷲術(ヨル)を得意とするトゥグリル族出身だが、故郷は12年前の戦争で焼け野原になった。その記憶がマフムートに戦争を忌避させ、戦争を止めるため... 関連ページ:犬鷲のマフムート将軍

登場作品

将国のアルタイル

ルメリア大陸はバルトライン帝国とトルキエ将国、港湾都市国家や花の都共和国などが、それぞれ独自の文化文明を築きながら併存する架空の世界。その大陸の覇権を狙って動き出す帝国に対し、主人公が決死の覚悟で立ち... 関連ページ:将国のアルタイル

SHARE
EC
Amazon
logo