松寿丸

松寿丸

軍師 黒田官兵衛伝(漫画)の登場人物。読みは「しょうじゅまる」。

登場作品
軍師 黒田官兵衛伝(漫画)
正式名称
松寿丸
ふりがな
しょうじゅまる
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の武将、黒田長政がモデル。黒田官兵衛と光の間に生まれた男子。歌が下手で両親を心配させている。織田信長に人質として召し出され、羽柴秀吉のもとに預けられた。加藤清正、福島正則らと武芸を磨く。黒田官兵衛が荒木村重に幽閉された際、官兵衛が裏切ったと思い込んだ織田信長によって処刑命令が下されるが、竹中半兵衛の知略によって命を救われる。

登場作品

軍師 黒田官兵衛伝

1569年、織田信長が京上洛を果たした頃、播磨国を治める大名、小寺政職の下に若くして家老を務める黒田官兵衛の姿があった。頭は良いが、せっかちなのが玉に傷の黒田官兵衛。夫に負けず劣らず頭が良い妻、光の後... 関連ページ:軍師 黒田官兵衛伝

SHARE
EC
Amazon
logo