水門のサルジャ将軍

将国のアルタイル(漫画)の登場人物。読みは「すいもんのさるじゃしょうぐん」。別称、テシサトゥ・サルジャ・バシャ。

  • 水門のサルジャ将軍
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
将国のアルタイル(漫画)
正式名称
水門のサルジャ将軍
ふりがな
すいもんのさるじゃしょうぐん
別称
テシサトゥ・サルジャ・バシャ

総合スレッド

水門のサルジャ将軍(将国のアルタイル)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

トルキエ将国十三将軍(ヴェズイール)の1人。毒薬のザガノス将軍を「成り上がり者」と称し、自らが名門の出であることに誇りを持っている青年。トルキエ将国と、四将国の両方を信じ愛した結果が、主人公マフムートたちに課せられた四将国の将王(スルタン)を内乱によって退位させる策に、更なる戦乱を巻き起こした。

最期は、ムズラク将国将王(スルタン)バラバンによって非業の死を遂げる。トルキエ将国の中でも名門と歌われる水門家や四将国の部族が過去の栄華に縋る様は、未来を見据えていたザガノス将軍には愚昧なものに見えた。明るい栗毛の髪の持ち主で、上品な物腰に自信を漲らせている。

関連キーワード

国土の殆どを砂漠と草原に覆われた遊牧民の土地であり、世界の富の9割がそこを通ると言われる商隊の街道(キャラバン・カラヨル)と海の街道(デニズ・カラヨル)とが交差した、交通の要衝が位置する商業国家でもあ...

登場作品

トルキエ歴75年、帝国歴451年、白砂糖月(シエケル)、後にメルリアナ大戦と呼ばれる戦火を引き起こす高度に政治的な事件が起こった。そのとき初めて将軍会議(デイワーン)に参加することになった主人公犬鷲の...