池田 善次郎

池田 善次郎

百日紅(漫画)の登場人物。読みは「いけだ ぜんじろう」。別称、池田 茂義。

登場作品
百日紅(漫画)
正式名称
池田 善次郎
ふりがな
いけだ ぜんじろう
別称
池田 茂義
別称
渓斎 英泉
関連商品
Amazon 楽天

概要

葛飾北斎宅に居候している絵師。23歳。菊川派の絵師であるが、北斎に私淑する。元武士だったが、刃傷事件を起こして浪人し、絵師となった。女物の単衣(ひとえ)を身にまとい、日々様々な女性とむつまじく風流に暮らしている。絵師としてはまだまだの腕前ながら、女を熟知しているためか枕絵では評価が高い。

後に渓斎英泉として後世に名を残す。江戸後期の絵師渓斎英泉をモデルとした人物。

関連人物・キャラクター

葛飾北斎

江戸に名が鳴り響く稀代の絵師でありながら、娘・お栄とともに散らかり邦題の裏長屋で暮らしている。55歳。いくら金を積まれても気に入らない仕事はしない偏屈親父。粋を好み洒脱な面もある。何かと皮肉を言うが、... 関連ページ:葛飾北斎

登場作品

百日紅

稀代の絵師だが偏屈老人の葛飾北斎、行き遅れの娘・お英、居候の善次郎の3名は、絵の反古(ほご)が散らばる長屋で日々絵を描きながら暮らしていた。季節が移ろう中、彼らは江戸の町で様々なものに出会い、描き、そ... 関連ページ:百日紅

SHARE
EC
Amazon
logo