綶

渕となりぬ(漫画)の作品登場人物。読みは「まとう」。

登場作品
渕となりぬ(漫画)
正式名称
ふりがな
まとう
関連商品
Amazon 楽天

概要

白楊大夫の従者。白楊大夫を深く敬愛している。白楊大夫が、三枝羽角乙輪に目をかけることを不愉快に思いながらも、従順に従う。乙輪に励まされ、療養を決めた白楊大夫に告白し、最後まで側に仕えることを許される。

関連人物・キャラクター

白楊大夫

白楊座大夫。手猿楽から始め、母の実家の堺の豪商からの潤沢な資金を得て、腕自慢が集まり白楊座を作った。三枝羽角の才を認め、同じ土俵で競いたいと願うが、奇をてらう演出を「見せ物」と詰り、思いがすれ違う。志... 関連ページ:白楊大夫

登場作品

渕となりぬ

室町時代末期、三枝座の大夫の次男三枝羽角は、白楊座との立合能を経験し、伝統だけではなく創作能の実現に心思いを馳せる。父の後妻の連れ子乙輪の舞に天賦の才を感じ、伝統能に優れた白楊座に預けるが、乙輪を失い... 関連ページ:渕となりぬ

SHARE
EC
Amazon
logo