薄 蛍

おとめ妖怪 ざくろ(漫画)の登場人物。読みは「すすき ほたる」。

  • 薄 蛍
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おとめ妖怪 ざくろ(漫画)
正式名称
薄 蛍
ふりがな
すすき ほたる

総合スレッド

薄 蛍(おとめ妖怪 ざくろ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

半妖の少女。物静かでひかえめ、おしとやかな性格。手で触れた物体や人間に宿る記憶を見ることができる能力を持つ。毎日の暦を気にする占い好き。吉野葛利剱少尉とコンビを組む。はじめは寡黙な軍人の利剱をこわがっていたが、一緒に過ごすうち、彼の内面の優しさを知り、親密な関係になっていった。

幼いころは山奥で血の繋がらない老女に育てられていた。老女が病没した後、ひとりぼっちだったところを櫛松に拾われた。

登場人物・キャラクター

帝国陸軍少尉。長身で坊主頭、するどい目つきで寡黙なので、一見とっつきにくい。実家は厳格な家柄である。妖人省に赴任し、半妖の少女薄蛍とコンビを組む。無口だが性格は紳士的で優しく、薄蛍に対しても最初から分...

関連キーワード

『おとめ妖怪ざくろ』に登場する種族。人間と妖怪の間に産まれた存在。子を孕んだ人間の女が神かくしに遭い、帰ってきた時に腹の中の子は半妖と化している、と言われる。ざくろ、薄蛍、雪洞・鬼灯はみな狐と人間の半...
『おとめ妖怪ざくろ』に登場する組織。従来の警察では対処できない、妖怪の引き起こす様々な事件を解決するために作られた新組織。人間と妖人の代表とで組織され、両者の緩衝役も担っている。帝国陸軍からは総角景少...

登場作品

人間と妖怪が共存する異世界の日本。文明開化の影響で暦を太陽暦へ変更したが、人間側の一方的な改暦に反対する過激派妖怪の活動に手を焼いた政府は、新組織妖人省を設立した。人間と妖怪で手を組んで、妖怪が起こす...