渕となりぬ(漫画)の登場人物。読みは「あざみ」。春栄とは親族関係にある。

  • 薊
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
渕となりぬ(漫画)
正式名称
ふりがな
あざみ

総合スレッド

薊(渕となりぬ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

春栄の嫁。三枝座の女将として、座員をまとめ取り仕切るしっかり者。三枝羽角乙輪の才を買ってはいるが、三枝座を背負うのは春栄であるという理由で彼に嫁いだ。三枝羽角贔屓の遊佐を味方につけようと画策する。

登場人物・キャラクター

三枝豊前の長男。三枝座の若大夫。芸は達者だが、父ににて穏やかで派手さに欠ける。三枝羽角と乙輪の才を買っており、自身も座を背負う者としての気構えがある。

関連キーワード

『渕となりぬ』に登場する、能楽座の一つ。座頭三枝豊前が大夫を務める丹波出身の一座。河内の国安楽寺での勧進能に白楊座が割り込み、立合能を行話題となる。次男の三枝羽角の創作能と奇抜な演出により、大衆人気を...

登場作品

室町時代末期、三枝座の大夫の次男三枝羽角は、白楊座との立合能を経験し、伝統だけではなく創作能の実現に心思いを馳せる。父の後妻の連れ子乙輪の舞に天賦の才を感じ、伝統能に優れた白楊座に預けるが、乙輪を失い...