観世 信光

観世 信光

渕となりぬ(漫画)の登場人物。読みは「かんぜ のぶみつ」。別称、権守。

登場作品
渕となりぬ(漫画)
正式名称
観世 信光
ふりがな
かんぜ のぶみつ
別称
権守
関連商品
Amazon 楽天

概要

観世座の副大夫。興福寺より名誉的に与えられれる権守の称号を持つ。時流に合わせる三枝羽角と、理想を求める白楊大夫の目指すものの違いを理解し、「能楽が忘れ去られなければどちらでもよい」と語る。実在の世阿弥の孫・音阿弥の七男・小次郎信光をモデルとしている。

関連人物・キャラクター

三枝羽角

『渕となりぬ』の主人公の1人。三枝座の大夫三枝豊前の次男。「夏栄(かえい)」と名付けられるはずだったが、母の妊娠中に浮気をした三枝豊前が羽の生えた角のある蛇に襲われる夢を見て、「羽角」と名付けられた。... 関連ページ:三枝羽角

関連キーワード

観世座

『渕となりぬ』に登場する、能楽座の一つ。能楽の創始者観阿弥・世阿弥を始祖に持つ、由緒正しき幕府おかかえの能楽一座。高尚で優雅な能が求められていたが、観衆が大衆へと変わり戦乱が続けば能楽が廃れると危機感... 関連ページ:観世座

登場作品

渕となりぬ

室町時代末期、三枝座の大夫の次男三枝羽角は、白楊座との立合能を経験し、伝統だけではなく創作能の実現に心思いを馳せる。父の後妻の連れ子乙輪の舞に天賦の才を感じ、伝統能に優れた白楊座に預けるが、乙輪を失い... 関連ページ:渕となりぬ

SHARE
EC
Amazon
logo