観世座

観世座

登場作品
渕となりぬ(漫画)
正式名称
観世座
ふりがな
かんぜざ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『渕となりぬ』に登場する、能楽座の一つ。能楽の創始者観阿弥・世阿弥を始祖に持つ、由緒正しき幕府おかかえの能楽一座。高尚で優雅な能が求められていたが、観衆が大衆へと変わり戦乱が続けば能楽が廃れると危機感を持ち、三枝羽角が目指す大衆に受け容れられる能楽に理解を示す。

登場作品

渕となりぬ

室町時代末期、三枝座の大夫の次男三枝羽角は、白楊座との立合能を経験し、伝統だけではなく創作能の実現に心思いを馳せる。父の後妻の連れ子乙輪の舞に天賦の才を感じ、伝統能に優れた白楊座に預けるが、乙輪を失い... 関連ページ:渕となりぬ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
渕となりぬ
logo