雪洞・鬼灯

おとめ妖怪 ざくろ(漫画)の登場人物。読みは「ぼんぼり・ほおずき」。

  • 雪洞・鬼灯
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おとめ妖怪 ざくろ(漫画)
正式名称
雪洞・鬼灯
ふりがな
ぼんぼり・ほおずき

総合スレッド

雪洞・鬼灯(おとめ妖怪 ざくろ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

双子の半妖の女の子。いつも二人いっしょに行動する。外見は瓜二つ。花びらを操り、付着した人間の気配を読み取ったり、通信手段にもできる花びら式神という能力を持つ。この能力は歌を唄っている間しか使えない。人間に殺されかけていたところを櫛松に助けられ、妖人省に務めるようになった。

花桐丸竜少尉とチームを組む。自分たちと背丈の差がない小柄な丸竜を可愛がり、両側からまとわりついて丸竜を困惑させる。

登場人物・キャラクター

帝国陸軍少尉。少年のような外見で背も低いが、史上最年少元帥を目指すエリート。妖人省に赴任し、双子の半妖少女雪洞・鬼灯とチームを組む。雪洞・鬼灯は瓜二つなのでたいがいの人は見分けがつかないが、丸竜は初対...

関連キーワード

『おとめ妖怪ざくろ』に登場する種族。人間と妖怪の間に産まれた存在。子を孕んだ人間の女が神かくしに遭い、帰ってきた時に腹の中の子は半妖と化している、と言われる。ざくろ、薄蛍、雪洞・鬼灯はみな狐と人間の半...
『おとめ妖怪ざくろ』に登場する組織。従来の警察では対処できない、妖怪の引き起こす様々な事件を解決するために作られた新組織。人間と妖人の代表とで組織され、両者の緩衝役も担っている。帝国陸軍からは総角景少...

登場作品

人間と妖怪が共存する異世界の日本。文明開化の影響で暦を太陽暦へ変更したが、人間側の一方的な改暦に反対する過激派妖怪の活動に手を焼いた政府は、新組織妖人省を設立した。人間と妖怪で手を組んで、妖怪が起こす...