夏にピッタリ『結界師』妖怪マンガで夏休みをマン喫!237 Pt.

夏の風物詩といえば怪談話!? でも怖すぎるのは苦手な方に、夏にぴったりの妖怪マンガ『結界師』をご紹介。妖怪ごと暑い夏を吹き飛ばそう!

作成日時:2016-08-13 14:00 執筆者:マンガペディア公式

夏にピッタリ『結界師』妖怪マンガで夏休みをマン喫!

出典:Amazon.co.jp

ストーリー

妖は夜の住人、光を嫌い闇を好む。その妖とは人々に害をもたらし、災いを招くと言われている。結界師は妖を狩り、開祖が治めた烏森という地を代々守っている。この烏森という地は妖を急激に進化させ、より強い力を与える不思議な場所だ。

その妖に間流結界術を使い、烏森を守っているのが墨村 良守である。小学生の頃から嫌々ではあるが修行を続けている。隣の家に住む雪村家も結界師であり、開祖が子を成さなかった為にどちらが正統な後継者であるかを争っている。その雪村家の娘である雪村 時音と共に、良守は妖を狩りに行く。まず間流結界術とは方囲「ほうい」で標的を指定し、定礎「じょうそ」で位置を確定する。結「けつ」で結界を発動し、この手順で対象物を囲み、滅「めつ」で結界の中の対象物を消滅させる。しかし結界術は大きさや回数を重ねるほどに体力を奪われる。その為、修行を積み、できる限り正確で必要最低限の大きさ、数で結界を使用する事が求められる。良守は正確さや使い方は修行不足だが、有り余ったパワーを持っている。雪村はパワーが圧倒的に良守より劣る分、結界の使い方や応用をうまく組み合わせてカバーする技術を持っている。

第1巻はこちら

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!